« 今年のゲームマーケット春は2日間出展です | トップページ | シーズン中に公式戦で登板する投手数 »

2019.04.20

日記風に 2019年4月20日

ココログのトラブルに嫌気がさして、更新をあんまりしてませんでしたが。

たまには。

 

本日は久しぶりに野球殿堂博物館。

ちょっと実験をするために。

背景は今年に入ってPCを買い替えたこと。

(Win7から10への乗り換えも必要ですし思い切って。今回はノートPC。けっこうハイスペックにしました。重量も1kgを切る軽いやつに。)

1958年のカード作成に殿堂に通ったのは昨年ですが、そのときの手順は以下の通り。

 

①自宅PCでスコア記入用の台紙データを作成。(EXCEL)

②台紙データを印刷

③台紙を携帯して殿堂博物館へ。台紙へ手書きでスコアを書写。(いわゆる写経)

④帰宅しPCに台紙から入力。

⑤誤書写、誤入力をチェック。

⑥再度博物館を訪問し誤りを確認。

⑦誤りの訂正入力

 

以上を30カード780試合で行いました。

 

今回は博物館で直接PCに入力できないかというチャレンジ。

昨年はそもそも慶応式スコアも初めてで不慣れ。とてもその場で入力など、思いもよらぬこと。

しかし今年は、できるんではないかと考えチャレンジした次第。

フローは以下のように。

 

①自宅PCでスコア記入用の台紙データを作成。(EXCEL)

②台紙データを携帯して殿堂博物館へ。その場で直接PCに入力。誤りもその場でチェックし訂正。

 

以上に短縮。

誤り発生および訂正の率は大幅に低減。

本日は初めての試みで、少し時間がかりましたが、手ごたえはありました。

この方法で大丈夫ではないかと思いました。

|

« 今年のゲームマーケット春は2日間出展です | トップページ | シーズン中に公式戦で登板する投手数 »

事務局日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年のゲームマーケット春は2日間出展です | トップページ | シーズン中に公式戦で登板する投手数 »