« 週末合宿に備え復習 パ・リーグ | トップページ | 2018年9月定例会までの打撃成績 セ »

2018.10.05

帰去来


帰りなん、いざ。

田園まさに枯れんとす。

陶淵明の帰去来の辞。

三十代前半の頃、職場は入谷で、事務所のそばに古書店があった。

昼休みにそこで買ったのが吉川幸次郎著「陶淵明伝」である。
 
 
 

この先何年、こうした暮らしを続けるのだろうか?

自分にも還るべき田園があるのだろうか?

そんなことを考えた。
 
 

結局、自分は大きな進路変更もできないまま、あと数年で還暦というところまで来てしまった。
 
 

もうそろそろ良いのではないか?

田園に帰る頃合いではないのか?

自問する今日このごろである

|

« 週末合宿に備え復習 パ・リーグ | トップページ | 2018年9月定例会までの打撃成績 セ »

事務局日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週末合宿に備え復習 パ・リーグ | トップページ | 2018年9月定例会までの打撃成績 セ »