« 卓上野球機構レトロスペクティブの現状(2018年8月) その5 | トップページ | 卓上野球機構レトロスペクティブの現状(2018年8月) その7 »

2018.08.24

卓上野球機構レトロスペクティブの現状(2018年8月) その6

 
今回の殿堂通いは相当に労力を費やしたが、収穫も多かった。

 
 
まずは慶応式スコアがかなり読めるようになったこと。

なにしろ780試合分をすべて読んだのであるから、それなりには。
 

次に当時の野球と今の野球のちがい。

これは集計してみないと言えないことも多いけれど、感じる部分も多かった。
 

ところで殿堂通いは終わったのかと言うと、実はまだ終わっていません。

というのも

 ①セは捕手の盗塁阻止の記録がなく、スコアに直接あたらなければならない。
 
 ②故意四球のカウント

①については8月17,18,19と3日通って完了。②についてはこれからです。

道程は遠い。

気長にお待ちください。

(この稿、続きます)

|

« 卓上野球機構レトロスペクティブの現状(2018年8月) その5 | トップページ | 卓上野球機構レトロスペクティブの現状(2018年8月) その7 »

卓上野球機構レトロスペクティブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 卓上野球機構レトロスペクティブの現状(2018年8月) その5 | トップページ | 卓上野球機構レトロスペクティブの現状(2018年8月) その7 »