« 2017年・チーム代打起用最多打者 打撃データ・パ | トップページ | ブレードランナー「なにがふたつでじゅうぶんなの」 »

2017.11.02

「ブレードランナー2049」を観る

ブレードランナー2049を先週の土曜日に観てきた。

前作「ブレードランナー」を初めて映画館で観て衝撃を受けた。

封切時ではなく名画座に落ちてきたのを観たのだ。

 

虜になった私は名画座でかかるたびに、追っかけて観に行った。

その頃、高価だったビデオデッキなぞは持っていなかった。

就職して東京を離れたときに、まず買ったのがビデオデッキ。

そしてブレードランナーのビデオを、それこそ毎週末に観ていた。
 
 
 

80年代半ばの当時から見た2019年のロスアンジェルス。

止まない雨。

混沌とした都市の造形。

飛び交う日本語やスペイン語。

スタンドそば屋。(なにが「ふたつで十分」だったのか。近年、その謎は解けたが、皆、気になっていたのかと可笑しかった。)

使い込まれた電子機器。

オフワールドコロニーの「チャンスと冒険」を連呼するブリンプ。

飛び交うスピナー。

強力わかもと。

デッカードの荒れた住居。

スタイリッシュな光の使い方。

そして、レイチェルの美しさ。

現在の延長にありそうな未来都市を見事に作り上げていた。ヴァン・ゲリスの音楽も見事だった。
 
 
 

「ブレードランナー」はハードボイルドな探偵モノというテイストが濃厚で、ロマンチックな要素もあり、それが魅力でもあった。

今回、「ブレードランナー2049」からはこうしたテイストは消えていたように思う。しっかりとした結構を持つSFに仕上がっていた。

前作を引き継ぎいろいろとふくらませて、ストーリーをつなげてくれた。それはそれでよいと思うが、前作であいまいだった部分は、むしろ、そのままにしておいてくれたほうが良かったというのが個人的な感想でした。

最後に。

ガフが出てきてくれたのは嬉しかった。

|

« 2017年・チーム代打起用最多打者 打撃データ・パ | トップページ | ブレードランナー「なにがふたつでじゅうぶんなの」 »

事務局日記」カテゴリの記事

コメント

「4つくれ」
「2つで十分」
........
いやいや、4つ勝ちますように。punch

投稿: べい | 2017.11.02 11:46 午後

明日で決まりでしょう;週末にはベイ党の自棄酒マネーが中洲を潤す筈paper

投稿: 某壺振師 | 2017.11.03 09:51 午前

「2つで」ホークス本拠地胴上げのお膳立ては整いました。

投稿: 事務局長 | 2017.11.03 04:19 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017年・チーム代打起用最多打者 打撃データ・パ | トップページ | ブレードランナー「なにがふたつでじゅうぶんなの」 »