« 「プリデスティネーション」を観る | トップページ | 秋を感じる »

2017.09.26

こんな夢を見た -集団生活-

私はなぜか建設会社に転職している。

背広を着て鞄を下げて都心のビル街を歩いている。

営業の仕事だろうか。


棲家は大きなお寺のような建物。

そこで大勢の人と暮らしている。

一人一部屋、四畳半くらいの和室をあてがわれ、そこで寝起きする。

朝夕の食事は大広間のようなところで皆と食べる。

暮らしている人々はみな勤め先が違うようだ。

世話してくれる人たちがいて、その中の女性(知らない人)から叱られる。お花見の準備をちゃんとしていないというのだ。

花見の幹事を引き受ける。

その女性から文庫本を借りる。

日本の作家の小説で読むととても面白い。あっという間に半分くらい読み進む。

このあとも何かあったはずなのだが思い出せない。

目覚めてだいぶ経ってからメモしたので、細部が相当に欠落している。

すぐに書き起こさないとどんどん忘れていく。


だから、夢なのですが。

|

« 「プリデスティネーション」を観る | トップページ | 秋を感じる »

事務局日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「プリデスティネーション」を観る | トップページ | 秋を感じる »