« 飛球の方向について | トップページ | ゴロを打たせる投手について ② »

2017.08.19

ゴロを打たせる投手について ①

昨日の続きです。

投球スタイルでゴロを多く打たせる投手がいるかを調べてみました。

・打者数:投手の対戦打者数

・ゴロ数:投手が打たせたゴロの数

・補殺数:投手守備記録の補殺数

・ゴロ比率:投手が打たせた凡打におけるゴロの比率


以上を、2008年から2016年の9シーズンの全打撃結果より集計。

その中からシーズン対戦打者数が100人以上の投手のデータで相関係数を算出。


対戦打者数が多ければゴロの絶対数や補殺数が増えるのは当たり前で、相関係数もおおよそ0.9以上で非常に強い相関を示しています。

いっぽう、ゴロ比率については他の指標との相関係数が著しく低く、相関なしとみることこができます。

逆に言えば、ゴロを打たせるのが上手い投手が存在するということになります。



■相関係数

 

打者数

ゴロ数

補殺数

ゴロ比率

打者数

1.00

 

 

 

ゴロ数

0.95

1.00

 

 

補殺数

0.89

0.91

1.00

 

ゴロ比率

0.09

0.31

0.23

1.00

 

 

 

|

« 飛球の方向について | トップページ | ゴロを打たせる投手について ② »

卓上野球総研」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛球の方向について | トップページ | ゴロを打たせる投手について ② »