« 2000年のデータを探しに行く | トップページ | ライオンズ 先発投手比較 1983と2016 »

2017.07.02

1983年の先発登板間隔は


先日、定例会前に1試合1983年版をプレイ。

やはり、プレイするのは大事。


気付きが必ずあります。

今回のテスト用カードでの主戦級の先発登板間隔に違和感を感じて、改めて検証。

1983年当時の主戦級は中4日が妥当との結論です。




 

チーム

先発
投手数

先発中日数

3

4

5

6

7

8

9

10+

中日

10

6

47

17

15

9

1

4

31

130

阪神

11

6

51

26

11

5

4

4

23

130

ヤクルト

10

10

42

20

11

6

5

6

30

130

巨人

9

6

37

31

12

8

3

5

28

130

広島

10

6

45

28

7

5

6

4

29

130

大洋

9

5

30

21

21

5

8

4

36

130

日本ハム

12

0

11

21

29

11

11

7

40

130

西武

9

3

25

33

17

15

7

5

25

130

阪急

10

10

39

33

9

9

2

3

25

130

近鉄

10

3

16

44

20

6

3

5

33

130

南海

11

15

31

17

20

5

4

7

31

130

ロッテ

14

4

36

33

10

6

2

5

34

130

125

74

410

324

182

90

56

59

365

1560

構成比

-

5%

26%

21%

12%

6%

4%

4%

23%

100%

 

 


|

« 2000年のデータを探しに行く | トップページ | ライオンズ 先発投手比較 1983と2016 »

卓上野球総研」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2000年のデータを探しに行く | トップページ | ライオンズ 先発投手比較 1983と2016 »