« ゲームマーケットWEBサイトの出展情報を更新 | トップページ | 東京ノースサイドでボードゲーム »

2017.04.30

「電人ザボーガー(映画)」を観る


友人に薦められるままに、観てみました。

監督が「ヌイグルマーZ」の井口昇監督だというのも、気になりまして。


はじめにお断りしておくが、私はもとのTV版「電人ザボーガー」というのは、全く見ていない。

調べたら、1974-1975年に放送されたのだという。

もう中学生になっていて、こういう特撮物は見ていなかった。


だから、オリジナルと何が違うのか、オリジナルを踏まえた上での見どころがどこにあるのか、というのは全くわからないのです。

以下、感想を思いつくままに列挙

・前篇で戦う廃墟はなかなか味があった。ロケ地を知りたい。

・出演者が意外に豪華。(竹中直人、柄本明、渡辺裕之が出演・・・・豪華でしょ!)

・女性ボーグたちを演じる女優さんには「お仕事、ごくろうさまです」と言いたい。

・やはり面白いのは、板尾創路が主演となる後編である。人生の荒波をくぐってきたオジサンにしかわからない妙がある。

以上です。

|

« ゲームマーケットWEBサイトの出展情報を更新 | トップページ | 東京ノースサイドでボードゲーム »

事務局日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゲームマーケットWEBサイトの出展情報を更新 | トップページ | 東京ノースサイドでボードゲーム »