« 卓上野球機構2017ペナントレース 監督エントリー状況 その2 | トップページ | 卓上野球機構とセイバーの指標について »

2017.03.08

野村克也著「暗黒の巨人軍論」を読み始める


本日から読み始めました。

野村克也著 「暗黒の巨人軍論」 (角川新書)


卓上野球的にも、示唆に富む言が多いのです。

面白い。


内の一節に

「澤村のストッパー転向は正しかったのか?」

というのがあり。

--------以下引用---------------------

そもそも澤村はリリーフ向きではないと私は見ていた。
たしかにボールは速い。
けれどもコントロールに難があり、WHIP(投球回あたりの与四球)は1.16、
BB/9(1試合あたりの与四球率)は、2.77と、30セーブをあげたストッパーのなかでは
もっとも悪い。

同書 P.47-48

--------引用終了---------------------

同感ですよ。

ゲームから良くわかりました。

澤村についてのこちらの記事をご参照ください。

|

« 卓上野球機構2017ペナントレース 監督エントリー状況 その2 | トップページ | 卓上野球機構とセイバーの指標について »

卓上野球総研」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 卓上野球機構2017ペナントレース 監督エントリー状況 その2 | トップページ | 卓上野球機構とセイバーの指標について »