« 卓上野球機構 2016 (パ)クライマックス・ファイナル・ステージ 6回戦 | トップページ | 東京野球ブックフェア2017にむけて作業中 »

2017.03.01

野球ゲームのカードについて考えること

最近は、同人ゲームのカード印刷を請け負ってくださるところも増えています。

で、卓上野球機構のカードをそうした印刷所に頼むといくらくらいかかるのか、試算をお願いしてみました。

1球団、45名で12球団。

ニス塗の美麗なカードに仕上げた場合、おいくらなのか?


途方もない金額になった。


それを見て、改めて考えました。

こうした野球ゲームのカードは、あそこまでの品質は必要なのか?

カードは数百枚。

毎年更新される。

写真やロゴを載せるわけでもない。

TCGなどとはコンセプトが異なります。


因みに、STRAT-O-MATIC や APBA のカードも、オフセット印刷ではあるのでしょうが、印刷品質や紙質はそれほど高級なものではないという印象です。


今年は、いろいろと模索中。

とにかく動こうと思っています。

中には妄動の類もあるでしょうが、動かなければ始まらないと考えて。

|

« 卓上野球機構 2016 (パ)クライマックス・ファイナル・ステージ 6回戦 | トップページ | 東京野球ブックフェア2017にむけて作業中 »

事務局日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 卓上野球機構 2016 (パ)クライマックス・ファイナル・ステージ 6回戦 | トップページ | 東京野球ブックフェア2017にむけて作業中 »