« 卓上野球機構2017ペナントレース 監督エントリー状況 その5 | トップページ | 次はゲームマーケット 2017春に出展します »

2017.03.19

「山田孝之の東京都北区赤羽 全12話」を観る

何かに気づいて立ち止まる。

生きてゆくうちに、壁にぶち当たる。

それで、考え直す時間が欲しいと、別の道、別の場所を探したりする。

役者を休み、「人間らしい暮らし」をしている人々がいる赤羽で暮らそうとやってくる、山田孝之。

長く生きると、迷いや畏れが生じて、はたから見れば奇矯な行動に出る。


紙袋を持って赤羽に佇む山田。

この姿に、過去の自分を重ね合わせて違和感がない。

生きてゆくのは、難しいね。


ところで山田孝之という人はこれまで意識していなかったけれど、この作品を観た後に調べたら、けっこう、いろいろな映画に出ているし、自分もそれを見ていた。

ところがあまり印象に残っていなかった。

でも、本作で、山田孝之はMY FAVORITE のひとりになりました。


最後に。

フェイクドキュメンタリーって、やはりこういう風に撮ってほしい。

|

« 卓上野球機構2017ペナントレース 監督エントリー状況 その5 | トップページ | 次はゲームマーケット 2017春に出展します »

事務局日記」カテゴリの記事

コメント

いろんな役やっていますね。
「のぼうの城」では大谷吉継。
「信長協奏曲」では秀吉。
「荒川アンダーグランド」では星。
缶コーヒーのCMにも出てますね。
自分は、テレ東の「勇者ヨシヒコ」が好きです。

投稿: べい | 2017.03.20 01:17 午前

映画にドラマにCMに、売れっ子ですね。

投稿: 事務局長 | 2017.03.20 06:51 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 卓上野球機構2017ペナントレース 監督エントリー状況 その5 | トップページ | 次はゲームマーケット 2017春に出展します »