« 新犠打表 | トップページ | 投手起用状況 2007-2016年 パ »

2017.02.05

投手起用状況 2007-2016年 セ

過去10年間の投手起用状況。

まずは、セ・リーグです。


試合当たりの投手数は、概ね4人弱で推移。

しかし、公式戦で投げる投手の数は年々増加。

2016年は、この10年で最多(169人)を記録。

1チーム平均28人が公式戦に登板。

つまり、28人もカードになっていて・・・・これ、カードにする基準を「少し見直しますか?」という水準だ。

しかし、1試合投げてプロ終わりという選手もいますし、カードで残したいという思いも。

悩むところです。

とりあえず2016年は全員、カードにするつもりです。


「投手起用状況 2007-2016年 パ」はこちらです。




 

試合数

セ・リーグ

投手数

投手数/TM

登板数

登板/

2007

144

149

24.8

3,430

3.97

2008

144

155

25.8

3,405

3.94

2009

144

150

25.0

3,234

3.74

2010

144

166

27.7

3,433

3.97

2011

144

158

26.3

3,372

3.90

2012

144

153

25.5

3,240

3.75

2013

144

166

27.7

3,436

3.98

2014

144

161

26.8

3,404

3.94

2015

143

156

26.0

3,229

3.76

2016

143

169

28.2

3,377

3.94

平均

158

26.4

3,356

3.89

 

 


1973、1983、2003、2013年の(セ)投手起用定点観測はこちらです。


1973、1983、2003、2013年の(パ)投手起用定点観測はこちらです。

|

« 新犠打表 | トップページ | 投手起用状況 2007-2016年 パ »

卓上野球総研」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新犠打表 | トップページ | 投手起用状況 2007-2016年 パ »