« 「カルト」を観る | トップページ | 江夏豊とダルビッシュ »

2017.01.23

投手の球数は増加傾向?

1983年のデータ集めをやっている副産物として。

以前、1973年のデータを集めていて球数のについて少し言及しました。


 ・投手別投球数 1973年と2014年

 ・三振数比較 1973年と2014年


 ・四死球数比較 1973年と2014年


昔は打者当たりの投球数が少なく、それが今日との野球の違いの要因のひとつであったという仮説。

もちろん検証はまだまだですが。


今回、1983年のデータも集めたので、比較してみました。

わかりやすくするために、打者27人当たりの投球数に変換。

結果は、1973年<1983年<2014年 となります。

野球が細かくなってゆく、といいますか、そういうプロセスで打者当たり、試合当たりの投球数が増えてゆく。

そういう流れなのかもしれません。

*1983年データは、巨人-広島5回戦データが欠です。




 

シーズン

試合

打者

球数

27人球数

1973

130

57,867

212,278

99

1983

130

58,845

219,326

101

2014

144

66,105

258,927

106

 

 

|

« 「カルト」を観る | トップページ | 江夏豊とダルビッシュ »

卓上野球総研」カテゴリの記事

コメント

ピタゴラス勝率って、知ってました?

https://news.biglobe.ne.jp/sports/0122/ful_170122_9655664989.html

投稿: べい | 2017.01.23 10:19 午後

球数の話を書いているのですが、何か関係が?

投稿: 事務局長 | 2017.01.23 10:51 午後

いや、関係ないとは思いますが、他に書き込む場所がないので。

投稿: べい | 2017.01.23 11:34 午後

コメント欄には、できれば記事に関連した内容をお願いします。

>ピタゴラス勝率って、知ってました?

セイバーの代表的指標のひとつと記憶しますが?

投稿: 事務局長 | 2017.01.24 07:38 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「カルト」を観る | トップページ | 江夏豊とダルビッシュ »