« 投手起用の変化 1973-2013年 パ | トップページ | 大谷翔平 2016年の登板 »

2017.01.30

投手起用の変化 1973-2013年 セ・パ計

こちらは、両リーグ合計での推移になります。

頑張って1993年のデータも集めてみようか・・・



 

■セパ計

試合数

投手数

のべ投手数

打者数

投球数

27人球数

1973

130

177

3,941

57,867

212,278

99.0

1983

130

190

4,047

58,928

231,445

106.0

2003

140

305

6,406

56,397

249,602

119.5

2013

144

331

6,839

66,032

258,410

105.7

投手数=公式戦で登板した投手の数

のべ投手数=公式戦で登板した投手ののべ人数

27人球数=投球数÷打者数×27

 

 

 

|

« 投手起用の変化 1973-2013年 パ | トップページ | 大谷翔平 2016年の登板 »

卓上野球総研」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 投手起用の変化 1973-2013年 パ | トップページ | 大谷翔平 2016年の登板 »