« 打順別スタメン出場試合数 2016年 DeNA | トップページ | 「ナチス・イン・センター・オブ・ジ・アース」を観る »

2016.11.20

「提督の艦隊」 を観る

ミもフタもない邦題である。

艦隊を指揮するのが「提督」であるのは、あたりまえではないか。

このタイトルは何を言いたいのか?

ひどい・・・・


「神聖ローマ、運命の日 -オスマン帝国の進撃-」 

というのも、あまりいただけなかった邦題のひとつでしたが、「提督の艦隊」よりはましである。

しかし原題をそのまま出されても、ピンとはこないのもまた事実。

原題は、「ミヒール・デ・ロイテル」

17世紀の英蘭戦争で活躍したオランダ海軍の指揮官の半生を描いた映画です。

この提督の名は、太平洋戦争初頭のスラバヤ沖海戦で沈められたオランダ艦隊旗艦の軽巡デ・ロイテルから知ってはいた。

が、どのような来歴の人物であるかは、映画ではじめて知った次第。

邦題はちょっといただけないけれど、内容は良かったです。

海戦シーンがふんだんに出てきますが、安っぽいところがない。

大作仕立てで、なかなかよろしいのではないでしょうか。


英蘭戦争というのにも、にわかに興味がわいてきました。

|

« 打順別スタメン出場試合数 2016年 DeNA | トップページ | 「ナチス・イン・センター・オブ・ジ・アース」を観る »

事務局日記」カテゴリの記事

コメント

彼は名将ですよ。
オランダの衰退期でなければ、もっと評価されていたはず。
ちなみに、少し前にド・トロンプ提督がいますが、大統領とは無関係ですかね?
1文字違いですが?

投稿: べい | 2016.11.20 02:15 午後

なるほど。
ご教示ありがとうございました。

投稿: 事務局長 | 2016.11.20 03:28 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 打順別スタメン出場試合数 2016年 DeNA | トップページ | 「ナチス・イン・センター・オブ・ジ・アース」を観る »