« 「戦国争乱と巨大津波」 を読了 | トップページ | 「フューリー」を観る »

2016.09.18

澤村の背信炎上

澤村 背信炎上で“厳冬更改”へ…Gフロント「覚悟してもらう」

というタイトルの記事が、東スポWebに掲載されていました。


出典元の記事はこちらです。


記事の内容は以下の通りです。

(以下、引用要約)------------------------------------------------------------------------------

巨人のクローザー澤村がまたも、エースの白星を消した。9月14日の中日戦で、2点リードの9回に登板したものの、1安打3四死球で2失点。試合を振り出しに戻し、揚句、延長でサヨナラ負けを喫し、菅野智之投手の10勝目を消してしまった。

背信続きの背番号15への視線は厳しさを増している。

8月7日、広島に2連勝して迎えた第3戦。勝てば3.5差に接近という大一番では、9回1点リードの二死無走者から同点弾→四球→二塁打で、まさかの逆転サヨナラ負け。

同25日の広島戦でも、9回1点リードで登板し、二死三塁からVTRのような3連打で逆転を許し、チームの夢がついえた。

今季は開幕から抑えを任され、ここまで4勝3敗、リーグトップの37セーブ。防御率2.61と見栄えのいい成績を残しているものの、ここ一番で試合をぶち壊し、印象は最悪。

四球から崩れる悪癖をのぞかせた澤村について、「それが痛いというか、反省しないといけないところ」(由伸監督)と論評。

(以下、引用要約終了)--------------------------------------------------------------------------

筆者は今年、ジャイアンツを担当しておりますので、澤村が油断のならない投手であることは、良く知っています。

下は2015年成績による澤村のカード。

Swmr15


クローザーであるにもかかわらず、ヒット±は平凡な値であり加えて四球範囲が41-43 は、ちょっと厳しい。

四球で走者を溜めて自滅するパターンは、ゲームでも何度も再現されています。

2016年も、これは克服されていないということでしょうか。


試みに、主要クローザーの15年、16年の打者数に対する四死球、安打の割合を算出してみました。

澤村、今年は四死球、安打の率がさらに悪化しているではありませんか・・・・




 

投手

TM

セーブ

四死球/打者

安打/打者

(四死+)/打者

16

15

16

15

16

15

16

15

澤村 拓一

37

36

9.3%

8.5%

21.5%

20.6%

30.9%

29.1%

中﨑 翔太

34

29

8.4%

8.0%

19.9%

21.7%

28.3%

29.7%

山﨑 康晃

31

37

9.8%

5.6%

22.1%

17.7%

31.9%

23.3%

サファテ

41

41

4.9%

6.4%

16.6%

11.5%

21.5%

17.9%

松井 裕樹

29

33

15.1%

10.6%

17.1%

13.0%

32.3%

23.6%

平野 佳寿

28

12

8.0%

11.0%

16.9%

21.3%

24.9%

32.4%

 

 


参考に下は岩瀬の年度別の値。2005-2008年は四死球率が3-4%台。傑出した数字。



 

登板

勝利

敗北

セーブ

四死球
/
打者数

安打
/
打者数

出塁
/
打者数

1999

65

10

2

1

7.8%

21.8%

29.6%

2000

58

10

5

1

9.0%

20.4%

29.4%

2001

61

8

3

0

7.5%

20.2%

27.8%

2002

52

4

2

0

7.8%

16.5%

24.2%

2003

58

5

2

4

5.3%

19.3%

24.6%

2004

60

2

3

22

6.6%

20.5%

27.0%

2005

60

1

2

46

4.4%

22.3%

26.6%

2006

56

2

2

40

3.7%

18.7%

22.4%

2007

61

2

4

43

3.9%

22.7%

26.6%

2008

51

3

3

36

4.7%

25.9%

30.7%

2009

54

2

3

41

7.7%

20.9%

28.6%

2010

54

1

3

42

7.4%

23.3%

30.7%

2011

56

0

1

37

5.8%

24.3%

30.1%

2012

54

1

3

33

7.2%

21.3%

28.5%

2013

55

2

3

36

8.8%

21.1%

30.0%

2014

34

1

2

20

7.5%

27.6%

35.1%

2015

-

-

-

-

-

-

-

2016

13

0

2

0

4.8%

31.0%

35.7%

通算

902

54

45

402

6.6%

21.5%

28.2%

 

 


|

« 「戦国争乱と巨大津波」 を読了 | トップページ | 「フューリー」を観る »

卓上野球総研」カテゴリの記事

コメント

澤村より、山崎が.....crying

投稿: べい | 2016.09.21 12:56 午前

武田久がないのは多少寂しいかも。ところで、先の武田勝引退試合のデータはどうなるでしょう? 登板1回、打者1人、三振1、無失点無自責点!HB-3スタミナ1とかだと、無理やり1回抑えてセーブしたりして(゚ー゚;

投稿: タカ派 | 2016.10.05 11:06 午後

タカ派監督さま、
マサルさんよりも、俺の松坂のデータが心配なんですが。
1イニングで暴投も捕逸もあったし、何より死球2…。
凄腕スナイパーデータとかだと困ります!

凄腕というより、凄腹か…。

投稿: ま | 2016.10.06 07:22 午後

みなさん、心配の種が尽きませんね・・・。

投稿: 事務局長 | 2016.10.06 08:53 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「戦国争乱と巨大津波」 を読了 | トップページ | 「フューリー」を観る »