« いっぽう広島はルナを | トップページ | 年末年始 »

2016.01.01

新年おめでとうございます

2016年になりました。

本年もよろしくお願い申し上げます。

2015年データ版は、1月末くらいを目標に制作を進めています。

(完成次第、その旨、ブログに掲載いたします。)


昨年は、新たに、レトロスペクティブカードと銘打ち、1973年のカードセット作成にも取り組みました。

カードを見ていただければわかると思いますが、卓上野球機構は、単に過去のオフィシャルベースボールガイド等のいわゆるマクロデータだけがあれば作れるというわけではありません。

選手の特徴を細かに再現するには、打席ごとの結果を収集・入力をしなければなりません。

これを収集をしたのが2010年秋からですから、概ね、5年かかりました。

もっとも、かなり頻繁に、しかも長期の中断を経ての作業でしたから、正味の工数は、丸5年と言うわけではありませんが・・・・

古いデータを細かく見てゆくことで、今の野球との違いと言うのも、いろいろと実感できました。

前にも書いたような気がしますが、その時代、時代の野球の違いを少しでも再現できれば面白いなと考えています。

ちなみに、1973年版は、投手の耐久力などのルールを変更しています。

現行のローテーションルールでは再現が難しいからです。


1973年版カードは「覇者の残光」というタイトルをつけました。

巨人V9最後の年、最後の輝きといった意味です。

こちらは、投手起用ルールのテストが必要で、5月のゲームマーケットに間に合えばと思っています。


また、1973年版制作プロセスを通じて、テーブル収集も含め、作業の進め方も、多少はコツがつかめてきました。

レトロスペクティブカードについては、引き続き、取り組んでゆく所存です。


|

« いっぽう広島はルナを | トップページ | 年末年始 »

事務局日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いっぽう広島はルナを | トップページ | 年末年始 »