« 2016年1月定例会 順位表 パ | トップページ | 東京野球ブックフェアに出展します »

2016.01.12

2016年1月定例会 順位表 セ


セ・リーグは全日程が終了しました。


優勝はジャイアンツ。貯金22で他を寄せつけない圧倒的な勝利。まさゆき監督は、2003年後期シーズンにジャイアンツで優勝して以来、実に12年ぶりのリーグ制覇になります。おめでとうございます。

最終戦までもつれた2位の座は、タイガースがもぎとりました。金吾監督は2005年から11年間、タイガース監督の座にあり、Aクラス8回、うちリーグ優勝2回という好成績を残しています。

今シーズン、ライオンズからスワローズに転じたGTO監督。史実最下位データでCS進出と健闘しました。

カープも5割をキープして善戦しましたがCSには一歩及ばず。ぬー監督は2013年、2014年ともカープを指揮し、いずれも5割以上の成績を残しています。

ベイスターズは、かろうじて最下位を免れました。2005年から2014年までのべい監督の過去10シーズンの成績は優勝1回、4位1回、5位3回、最下位5回。もはや5位、最下位はベイスターズの定位置と化しつつあります。もっとも史実のベイスターズも2006年の3位が最高ですから、シミュレーションゲームとしては成功でしょうか・・・。

ドラゴンズは、やはり正規監督がいないと厳しいか。



 

 

順位

TM

監督

ジャイアンツ

62

41

19

2

.683

優勝

0

まさゆき

タイガース

62

35

24

3

.593

5.5

0

金吾

スワローズ

62

34

25

3

.576

1.0

0

GTO

カープ

62

30

30

2

.500

4.5

0

ぬー

ベイスターズ

62

26

36

0

.419

5.0

0

べい

ドラゴンズ

62

22

35

5

.386

1.5

0

-

 

 

 

|

« 2016年1月定例会 順位表 パ | トップページ | 東京野球ブックフェアに出展します »

2015 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年1月定例会 順位表 パ | トップページ | 東京野球ブックフェアに出展します »