« 2015年10月定例会 順位表 パ | トップページ | 太平洋クラブライオンズ 1973年 対左右別 »

2015.10.12

対左右投手別対戦打席数の違い 1973年と2014年

昨日の定例会のあとの食事の席などでちょっと話題になったので調べてみました。


2014年に公式戦に登板した投手は、318名。うち、左投手は100名で、全体の31%。

1973年は、公式戦に登板した投手は177名。うち、左投手は40名で、全体の23%。

さらに1973年は主戦級と、そうでない投手の登板イニングに格段の開きがあり、主戦級投手の対戦打者数、投球数ともに現在では考えられないほど多かった。(参照「投手別投球数 1973年と2014年」


下表をご覧ください。

1973年のセ・リーグは、高橋一、江夏、安田などの左の先発がいたため、対戦打者数は比較的多い。

いっぽうパ・リーグは鈴木啓二くらいしか見当たらない。

そんなわけで、そもそも左打者と対戦するということが少なかったようです。



 

 

2014

チーム

対戦打席数

構成比

対右

対左

対右

対左

中日

3,894

1,627

5,521

71%

29%

100%

阪神

4,098

1,409

5,507

74%

26%

100%

巨人

3,740

1,740

5,480

68%

32%

100%

広島

3,758

1,780

5,538

68%

32%

100%

ヤクルト

3,854

1,799

5,653

68%

32%

100%

DeNA

3,575

1,889

5,464

65%

35%

100%

22,919

10,244

33,163

69%

31%

100%

オリックス

3,522

1,947

5,469

64%

36%

100%

楽天

4,125

1,330

5,455

76%

24%

100%

日本ハム

3,825

1,603

5,428

70%

30%

100%

ソフトバンク

3,964

1,667

5,631

70%

30%

100%

ロッテ

3,967

1,466

5,433

73%

27%

100%

西武

3,829

1,734

5,563

69%

31%

100%

23,232

9,747

32,979

70%

30%

100%

総計

46,151

19,991

66,142

70%

30%

100%

 

 

1973

チーム

対戦打席数

構成比

対右

対左

対右

対左

中日

3,977

789

4,766

83%

17%

100%

阪神

3,138

1,671

4,809

65%

35%

100%

巨人

4,063

849

4,912

83%

17%

100%

広島

3,607

1,116

4,723

76%

24%

100%

ヤクルト

3,408

1,260

4,668

73%

27%

100%

大洋

3,465

1,284

4,749

73%

27%

100%

21,658

6,969

28,627

76%

24%

100%

阪急

4,581

495

5,076

90%

10%

100%

近鉄

4,467

252

4,719

95%

5%

100%

日拓

4,386

521

4,907

89%

11%

100%

南海

4,385

490

4,875

90%

10%

100%

ロッテ

4,443

404

4,847

92%

8%

100%

太平洋

4,380

436

4,816

91%

9%

100%

26,642

2,598

29,240

91%

9%

100%

総計

48,300

9,567

57,867

83%

17%

100%

 

|

« 2015年10月定例会 順位表 パ | トップページ | 太平洋クラブライオンズ 1973年 対左右別 »

卓上野球総研」カテゴリの記事

コメント

左投手との対戦打席数がこれだけ少ないと、当時のパ・リーグには
いわゆる『左殺しの右打者』はあまり重要ではなかったかも知れませんね。

投稿: 野球成績勉強家 | 2015.10.14 08:10 午後


まったく、今の野球とはかなり様相がちがいますね。

投稿: 事務局長 | 2015.10.18 07:45 午前

パリーグは今も左投手が少ないです。
指名打者ありなしによる野球の違いで、左投手の希少価値より力のある投手の獲得を重視しているだろうか?

ビッグ野球では、右投手との対戦が多いパリーグの打者はその分だけ右打者有利に作ってますが、ガラガラポンドラフトでやるプレイヤーも居るし、やらないほうが良いだろうか?

投稿: 一発勝負オーナー | 2015.11.29 01:37 午後

>右打者有利に作ってますが、ガラガラポンドラフトでやるプレイヤーも居るし、やらないほうが良いだろうか?

これは私にはなんとも申し上げられないです。

投稿: 事務局長 | 2015.11.29 02:25 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015年10月定例会 順位表 パ | トップページ | 太平洋クラブライオンズ 1973年 対左右別 »