« サイボーグ野球 | トップページ | 投手別投球数 1973年と2014年 »

2015.09.08

モラトリアムタマ子 を観る

良い雰囲気の映画でございました。

監督、演出、脚本。

役者を生かすも殺すもこれ次第という。

父と娘の食事シーンが何度も出てくるんですが、これが、いいんですよ。

少しずつ、両者の関係性が変わってゆく、そこが食事のシーンを通して、うまく描かれている。

そして主人公の若さゆえの切ないかんじが良い。

もう一度、観てみたい。

|

« サイボーグ野球 | トップページ | 投手別投球数 1973年と2014年 »

事務局日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サイボーグ野球 | トップページ | 投手別投球数 1973年と2014年 »