« 編集室屋上で卓上野球 卓上野球機構オープン戦第2回は6月27日(土)です | トップページ | 試合先頭打者の出塁状況 »

2015.06.22

試合先頭打者安打数 2008-2014年

今年は、広島・田中が、5月14日(対巨人)、5月15日(対DeNA)と2試合連続の試合先頭打者本塁打を放ち話題になりました。

また、5月14日には、阪神・西岡も先頭打者本塁打を記録していて、同一日に複数試合での先頭打者弾は2013年以来とかで、これも話題に。

では、そもそも、チームの試合先頭打者本塁打って、どのくらいあるのか?

2008年からですが、調べてみました。

チーム試合先頭打者本塁打、だいたい年に20本前後あって、意外に多いなと言う印象です。




 

 

 

シーズン

単打

二塁打

三塁打

本塁打

内野

外野

2008

68

295

60

5

22

450

2009

54

289

62

13

25

443

2010

56

309

91

10

30

496

2011

66

308

46

4

13

437

2012

65

283

66

5

17

436

2013

47

261

71

3

20

402

2014

51

270

75

9

33

438

407

2,015

471

49

160

3,102

平均

58

288

67

7

23

443

 

 

 

|

« 編集室屋上で卓上野球 卓上野球機構オープン戦第2回は6月27日(土)です | トップページ | 試合先頭打者の出塁状況 »

卓上野球総研」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 編集室屋上で卓上野球 卓上野球機構オープン戦第2回は6月27日(土)です | トップページ | 試合先頭打者の出塁状況 »