« 進撃だらけ | トップページ | 2014年6月定例会の結果 パ »

2014.06.22

2014年6月定例会の結果 セ

だいぶ更新の間があいてしまいました。

6月定例会の結果です。

今回のリポートも“ま”監督に記述いただきました。

お忙しい中、ありがとうございました。

まず、セ・リーグです。


交流戦が終わり、リーグ戦が再開。
どうやら、1強5弱の様相を呈してきました・・・。

首位を走るジャイアンツは、ベイスターズ相手にまさかの連敗。
迎えたカード3戦目も、延長11回表に頼みのマシソンがブランコに1発浴びて3連敗が目前に。
しかし!!その裏、天才・高橋ヨシノブがチームを救う。
KO大学の後輩・長田から逆転サヨナラ2ラン!!
さらに続くスワローズ戦では、ここまでルーキーながらエース級の大奮闘を続けるライアン小川に対し、
完封負け必至と思われた9回裏に一挙3点を奪い、これまたサヨナラ勝ち!!
これはもう「優勝するチームの勝ち方」だ!!

日程の緩い交流戦期間にこっそり貯金を伸ばしていたスワローズに、未曾有の危機が襲い掛かる!!
史実の悪夢を起こさせるかのように、わずか10日ほどの間に、
川島・川端・久古・岩村・中村と、1軍メンバーに立て続けに故障発生!!
大惨事の中、ズルズルと4連敗を喫し、早くも後続に飲み込まれつつあります。

ドラゴンズ・まさゆき監督のキビシイ采配は相変わらず。
今度は、不甲斐ないカブレラを2軍送りにしたようです。
なお、今月から参戦となったRO監督(ドラファン)が、スワローズ戦で指揮を取って監督初勝利!
おめでとうございます!(来月もよろしくね!)

一時期最下位に落ち悩んでいた”ぬー”監督率いるカープは、
リーグ戦再開で采配が再び冴え始め、いったん5割に復帰する好調モードに。
マエケンが登板する次のジャイアンツ戦が楽しみです。

わずか2ヶ月前に勝率2割そこそこだったあのベイスターズが、誰もが驚く貯金1を記録!
しかし前述のG戦のサヨナラ負けにより、怒涛の進撃もピタリとストップ。
監督の落ち込みようがすごかったですが、奇跡のCS出場へ向けここからどこまで粘れるか。

タイガースは、借金2なのになぜか最下位という屈辱。
貧打で、とりわけホームランが出ない!!と金吾監督の嘆きが止まりません。

ということで、2位~6位までがたったの2ゲーム差の大混戦。
残り30試合を切って、CS争いが苛烈を極めそうです。
”ま”の個人的希望としては、ジャイアンツまでも引きずり込んでの前代未聞の泥沼バトルがみたいなあ。




 

順位

TM

監督

ジャイアンツ

35

21

14

0

.600

-

37

エム

スワローズ

32

17

15

0

.531

2.5

40

-

ドラゴンズ

37

18

18

1

.500

1.0

35

まさゆき

カープ

36

17

18

1

.486

0.5

36

ぬー

ベイスターズ

35

16

17

2

.485

0.0

37

モジ

タイガース

33

15

17

1

.469

0.5

39

金吾

 

 


|

« 進撃だらけ | トップページ | 2014年6月定例会の結果 パ »

2014 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 進撃だらけ | トップページ | 2014年6月定例会の結果 パ »