« 定例会結果 2014年2月 セ | トップページ | 定例会出欠状況 2月 »

2014.02.12

定例会結果 2014年2月 パ


続いて”ま”監督リポート第2弾。

パ・リーグです。


ライオンズGTO監督がインフルに見舞われて急遽欠席(お大事に!)などもあり、試合消化の少なかった2月のパ・リーグ。

1月はいずれも「5勝0敗」でイーグルス、バファローズの2チームが飛び出しましたが、今月はまさかの展開に。

先月の首位2チームを立て続けに撃破して5連勝!なんとマリーンズが一躍首位に立ちました。

開幕8試合ですでに7人の先発を使うなど、カード別の起用調整が今のところはハマっているようです。打線では、主砲・井口が早くも6号を放つなど絶好調。バファローズ戦では井川から3安打してメジャー実績の違いを見せつけたのでした。

マリーンズにまさかの3タテを喰らったバファローズは2位に後退。初戦をエース金子で落としてしまうと、もはや元気がなくなってしまった感。
例会前日の激務ののち、大雪で交通網が麻痺、5時間かけて帰宅した影響で疲労困憊の中指揮したモリタニ監督は、

「ぜんぶ雪のせいだ」

とだけ言い残して記者会見を拒否したとか。


イーグルスは、メジャーからやってきたスーパースター・AJに待望の1号が出たものの、マー君での勝利(無敗の2勝目!)1つだけにとどまり、3位に後退。
勝ちパターン投手とは言いがたい救援トリオ「スリーマウンテン」(片山、小山、青山)の揃い踏みをよく見た日でありました。

ホークスは、タカ派監督不在の中、イーグルスとの3連戦を消化。

マー君に負けて1勝1敗となった3戦目、先発寺原を5回で降ろすと、潤沢にもほどがあるリリーフ陣を豪勢にお見舞いして勝ち越しに成功。しかしこの日は、田上が24日、山崎が5日の怪我で離脱と捕手受難デーとなってしまいました。

代理監督談「ごめんなさい・・・」


ライオンズは菊池雄星が母校・花巻東の”あの後輩”との先発対決を持ちかけられるも、これをあっさりと退けて今季初勝利。今シーズンいまだ采配を振るっていないGTO監督の復活を待ち、上位浮上を狙います。


ファイターズは開幕5連敗の惨状に、悪い流れを変えるきっかけになって欲しいとスーパールーキー大谷をプロ初先発のマウンドへ送る策に出ました。

しかしそううまくいかないのがこの世界。

坂田に3ランを浴びるなど、3回6失点でなんとも苦い投手デビュー戦になってしまい、厳しい戦いが続いています。



 

順位

TM

監督

マリーンズ

10

7

2

1

.778

-

62

”ま”

バファローズ

8

5

3

0

.625

1.5

64

モリタニ

イーグルス

10

6

4

0

.600

0.0

62

ハタ坊

ホークス

8

3

4

1

.429

1.5

64

タカ派

ライオンズ

8

3

5

0

.375

0.5

64

GTO

ファイターズ

8

1

7

0

.125

2.0

64

-

 

 


|

« 定例会結果 2014年2月 セ | トップページ | 定例会出欠状況 2月 »

2014 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

豪雪を押しての出張で欠席したタカ派です。E戦勝ち越しの由、代理監督様ありがとうございます。当分は体の丈夫な細川に頑張って貰わねばなりません。まだ高谷とか山下とかいますが、今年はGランクやLast man standingルールは無さそうですね Σ( ̄ロ ̄lll)

投稿: タカ派 | 2014.02.17 02:33 午前

>今年はGランクや

前回定例会で一部カードの差し替えを行いました。Gランク捕手はございます。

投稿: 事務局長 | 2014.02.23 06:51 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定例会結果 2014年2月 セ | トップページ | 定例会出欠状況 2月 »