« 打順別犠飛数 08-12年 パ・リーグ | トップページ | チーム別犠飛数方向別 08-12年 セ・リーグ »

2013.04.11

犠飛の方向

外野への犠牲フライの方向です。

ゲームを制作していた2006年当時、レフトへの犠飛がライトへのそれより若干少ないということに気がつきました。

今回、改めて2008-2012年の外野への犠飛の累計の方向別内訳をみてみました。

レフト:26%
センター:42%
ライト:32%

で、レフトがライトより6%ほど少ないです。

Sfd812


|

« 打順別犠飛数 08-12年 パ・リーグ | トップページ | チーム別犠飛数方向別 08-12年 セ・リーグ »

卓上野球総研」カテゴリの記事

コメント

やっぱり広いセンターは多いですな。
野球場って20m以上も中堅を両翼より広くする理由があるとも思えないんですが。
ソフトボールは普通同じです。
それでも右打者ブストスはライトにガンガン放り込んでましたが。
横浜、中日に居たウッズのようなイメージ?
ライトがレフトより多いのは、右打者が左打者より多いからでしょう。

投稿: 一発勝負オーナー | 2013.04.11 10:58 午後

>やっぱり広いセンターは多い

本塁への距離が遠いから増えるのでしょうね。


>ライトがレフトより多いのは、右打者が左打者より多いからでしょう。

まあそうなのかもしれません。まず事実をとらえてから、「なぜ?」にはいりたいと思っています。

投稿: 事務局長 | 2013.04.13 11:45 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 打順別犠飛数 08-12年 パ・リーグ | トップページ | チーム別犠飛数方向別 08-12年 セ・リーグ »