« 卓上野球機構 2013年 予定 (4月16日現在) | トップページ | 開幕18試合までのチーム別本塁打数 2010-2013年 セ »

2013.04.20

統一球でも本塁打が打てるようになった?


週刊新潮を読んでいたら、こんな記事に出くわしました。


「本塁打乱発」と「連続完封」が入り交じる「統一球」大疑惑(週刊新潮 2013年4月25日号)

記事の要旨は

-----------------------------------------------------------------------------------------
「本塁打は野球の華」でこれが減ると「客が減る」との議論があったが、「今季は一転して本塁打ラッシュ」であり、「どのチームの選手やコーチも口を揃えて“去年より飛ぶ”と証言」も「製造元のミズノは“去年とまったく同じ”と否定」している。しかし観客減を防ぐために「こっそり芯の材質を変えた飛ぶボールにしたのでは」ないか。
-----------------------------------------------------------------------------------------

というもの。まあ、憶測記事の域を出ません。

素直に考えれば統一球に慣れてきたのではないか、という話です。

ただ、昨年より本塁打が多いようにも思われたので、開幕から18試合までのセ・パの本塁打数トータルを2010年まで遡ってみてみたのが以下の表です。

確かに昨年より大幅に増えていますが、水準としては2011年に戻したていど。統一球導入前の2010年には及んでいないようで、現時点では「統一球を攻略し本塁打が打てるようになった」とは言えないか・・・。



 

リーグ

2010

2011

2012

2013

106

82

38

74

87

72

39

70

 


|

« 卓上野球機構 2013年 予定 (4月16日現在) | トップページ | 開幕18試合までのチーム別本塁打数 2010-2013年 セ »

卓上野球総研」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 卓上野球機構 2013年 予定 (4月16日現在) | トップページ | 開幕18試合までのチーム別本塁打数 2010-2013年 セ »