« 球場別の安打内訳 2012年 | トップページ | ゲームマーケット2013 大阪 »

2013.02.06

幕張本郷猛さんが燃えている

こちらの「野球ゲーム愛好家の皆さんへ」という記事です。

熱いものを感じるのです。

私はコレクターではないので、海外の珍しいゲームを紹介するというのは、あんまりできそうもないけど、それでも、できる範囲でやっていきたいと思います。

日本で卓上野球が定着しなかったのは、やはり、専業メーカーが存在しなかったからでしょうか。

APBAもSOMも野球を中核としたスポーツシミュレーションゲーム専業の零細企業。

米国でもマーケットが小さいからこそ継続できたのかな、とも思います。

1971年に参入したSports Illustrated Baseball は、大企業ゆえ、大きなセールスを求められ、達成できずに数年で撤退しています。(ゲーム自体はAHに売却されましたが)

ゲームマーケットに出展して気づいたのは、愛好家予備軍というか、そういう需要は潜在しているのではないかなということ。これは、かつて熱闘12球団ペナントレースを楽しんだ人たちはもとより、若い方々でも。

ただ、プレイする相手がいなくてきっかけがないというような、そんな感触もあります。

この際、どこか公民館でも借りてオープン例会とか、試してみたらとも考えたりする今日この頃です。

|

« 球場別の安打内訳 2012年 | トップページ | ゲームマーケット2013 大阪 »

事務局日記」カテゴリの記事

コメント

 この分野の日米のあまりの温度差はどうしてだろう、と思うのです。日本も三原監督の野球ゲームあたりまでは好い線行っているのですがねえ。日本じゃPFBさんと、卓上野球機構さんと、インパクトベースボールさん、一発勝負さん、おにちゃんさん位?
(ここもオリジナリティがあって好きです http://www42.tok2.com/home/momonga1/momonga/momonga.html)←ご迷惑なら削除ください。

 1930年の米国野球雑誌を入手しましたが、既に野球ゲームの広告が3〜4あります。
 今、資料調べを本格的にやっていますが、すさまじい業務量、持っているだけでプレイしていないゲームの数々(しかもフォロワー丸出し多数、We're No.1も持ってます)をこれからやるのかと思うと…。勿論、ゲームだけでは駄目なので、関連グッズも集めています。

投稿: 幕張本郷猛 | 2013.02.06 10:34 午後

日本は同人しか残ってないですね。

TCGは卓上野球とは似て非なるものと思いますし・・・・。

あちらは野球盤みたいなものなら19世紀からあるわけですから、歴史の厚みが違うのでしょう。

投稿: 事務局長 | 2013.02.07 11:19 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 球場別の安打内訳 2012年 | トップページ | ゲームマーケット2013 大阪 »