« 三塁手のレンジファクター 2012年 | トップページ | 卓上野球機構 2013年 予定 »

2013.01.31

レフト、センター、ライトごとの起用人数

内野手もやったので外野手も。

外野の位置別にのべ起用人数別の試合数はどうなのかを出してみました。

※あくまでも卓上野球機構というゲームを制作する過程で収集しているデータから求めているので、公式記録ではありません。その点、ご了承ください。(なにか間違ってるかも・・・)

日本ハム、ロッテは外野手が安定。

また、センターはどのチームとも相対的に固定する割合が高いということでしょう。

ちなみに唯一、起用のべ5人が(ライトで)1回ある広島。これは2012年4月1日の中日戦。

會澤(1-6回)→松山(7回)→中東(8-9回)→松山(10回、打者2人)→廣瀬(10回、打者2人)

という順序のようです。試合は延長10回2-2で引き分けでした。



 

TM

レフト

センター

ライト

1

2

3

4

総計

1

2

3

4

総計

1

2

3

4

5

総計

中日

71

71

2

 

144

135

8

1

 

144

96

37

11

 

 

144

阪神

52

78

13

1

144

89

45

9

1

144

79

54

10

1

 

144

ヤクルト

110

29

5

 

144

113

28

3

 

144

81

59

4

 

 

144

巨人

48

71

21

4

144

64

65

13

2

144

70

58

12

4

 

144

広島

92

44

8

 

144

106

36

2

 

144

112

30

1

 

1

144

DeNA

64

75

5

 

144

122

22

 

 

144

92

46

6

 

 

144

日本ハム

137

5

2

 

144

144

 

 

 

144

131

12

1

 

 

144

西武

109

31

4

 

144

111

30

2

1

144

58

73

13

 

 

144

ソフトバンク

72

64

8

 

144

70

69

5

 

144

81

57

6

 

 

144

ロッテ

110

34

 

 

144

119

22

3

 

144

105

38

1

 

 

144

オリックス

94

45

4

1

144

92

48

3

1

144

97

45

2

 

 

144

楽天

79

64

1

 

144

134

10

 

 

144

123

21

 

 

 

144

1038

611

73

6

1728

1299

383

41

5

1728

1125

530

67

5

1

1728

 

|

« 三塁手のレンジファクター 2012年 | トップページ | 卓上野球機構 2013年 予定 »

卓上野球総研」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三塁手のレンジファクター 2012年 | トップページ | 卓上野球機構 2013年 予定 »