« ファウルアウト数ランキング2012年 | トップページ | 2012年 CS ファーストステージ 第1戦 (パ) »

2012.12.15

矛と盾と

ゴロ/フライを投手中心に見ていて、ふと思ったのです。

2012年に500人以上と対戦してもっともGO/FOが高かったのはウルフ(日)

では、ゴロが多い投手とフライが多い打者とが対戦したらどうなる?

まさに矛盾。

で、ウルフとの対戦数が多い野手何人かで、算出してみました。

野手のGO/FOはシーズンを通じての値。

これと対ウルフを比較。

NAはぜんぶゴロということで、もともとゴロが多い明石、長谷川は全部ゴロアウト。

浅村は基本、フライヒッターなのに、ウルフに対してはゴロばかり。

おかわり君は、自分のスタイルを崩しませんでした。(やはり浅村より上か?)




選手

TM

GO

FO

GO/FO

対ウルフ

浅村 栄斗

(西)

108

135

0.80

3.00

長谷川 勇也

()

106

98

1.08

NA

明石 健志

()

170

108

1.57

NA

中村 剛也

(西)

81

124

0.65

0.75

 

|

« ファウルアウト数ランキング2012年 | トップページ | 2012年 CS ファーストステージ 第1戦 (パ) »

事務局日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファウルアウト数ランキング2012年 | トップページ | 2012年 CS ファーストステージ 第1戦 (パ) »