« 佐伯和司の1973年 | トップページ | 今シーズンもあとわずか »

2012.10.06

金城基泰の1973年


1973年はカープ。

印象に強く残っているのは、南海のクローザー時代。

とにかく、投球フォームが格好良かったアンダースローです。



月日

先発

救援

打者数

球数

打者数

球数

418

 

 

8

30

419

 

 

8

34

421

 

 

3

18

516

 

 

1

3

524

 

 

3

8

530

 

 

6

23

531

 

 

19

85

62

 

 

4

16

66

 

 

3

13

69

 

 

4

18

616

 

 

7

22

620

 

 

4

19

621

 

 

1

4

623

 

 

3

13

630

 

 

2

9

630

 

 

6

27

712

 

 

14

55

714

33

120

 

 

718

35

122

 

 

719

 

 

3

11

729

17

61

 

 

83

36

123

 

 

88

5

22

 

 

812

26

129

 

 

818

14

63

 

 

826

 

 

6

23

828

 

 

9

46

93

31

123

 

 

97

14

48

 

 

915

26

89

 

 

919

 

 

2

7

920

 

 

7

30

923

30

109

 

 

926

 

 

12

53

927

 

 

25

89

102

29

96

 

 

106

10

46

 

 

1010

28

116

 

 

1015

11

56

 

 

1022

 

 

20

80

 

|

« 佐伯和司の1973年 | トップページ | 今シーズンもあとわずか »

卓上野球総研」カテゴリの記事

コメント

穴吹監督の1年目はOB-2、HR+3でしたね。逆転HRを何発放り込まれたことか。shock

投稿: タカ派 | 2012.10.07 08:56 午前

HR+3って・・・。

使い方が難しかったでしょうね(笑)

投稿: 事務局長 | 2012.10.07 08:34 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佐伯和司の1973年 | トップページ | 今シーズンもあとわずか »