« 夏の思い出 その3 | トップページ | 2012年9月定例会までの結果 パ・リーグ »

2012.09.15

2012年9月定例会までの結果 セ・リーグ


目まぐるしく順位が変動するセ・リーグ。

といってもそれは2位以下の話。

タイガースは13という莫大な貯金を抱えて首位を独走中。2位に4ゲーム差。残り試合数を考えると優勝は決定的か。しかしマジックが出ないのは、2位ドラゴンズとまだ5試合も残しているためだ。

ドラゴンズはローテの一角山内が発熱で巨人戦登板回避。急きょ1軍登録された山井が今季初のマウンドへ。これが3失点ながら味方の大量援護にも助けられ勝ち投手に。結局、ドラゴンズはジャイアンツに3連勝して2位に浮上。

スワローズは首位との直接対決に2勝1分けで、ペナントレースの火を守った。このままドラゴンズを捉えたいところ。

しかしそのすぐ背後には、なんとベイスターズの影が。貯金1でCSへの夢をつないでいるから驚きだ。

なんということでしょう、ジャイアンツは5位に後退。大丈夫か?

カープは最下位マジック7?が点灯した模様。




 


TM

監督

タイガース

38

25

12

1

.676

-

14

金吾

ドラゴンズ

37

20

15

2

.571

4.0

15

モリタニ

スワローズ

41

20

16

5

.556

0.5

11

”ま”

ベイスターズ

37

18

17

2

.514

1.5

15

モジ

ジャイアンツ

39

18

20

1

.474

1.5

13

ハタ坊

カープ

42

16

23

3

.410

2.5

10

まさゆき

 

|

« 夏の思い出 その3 | トップページ | 2012年9月定例会までの結果 パ・リーグ »

2012 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の思い出 その3 | トップページ | 2012年9月定例会までの結果 パ・リーグ »