« クライマックス 1st ステージ セ・リーグ その2 | トップページ | クライマックス 2nd ステージ セ・リーグ »

2012.03.22

クライマックス 1st ステージ パ・リーグ

続いてパ・リーグの1st.ステージ。

今シーズン、バファローズに苦手意識を持つホークス。
いかに戦ったのか。

第1戦は、和田、岸田という順当な対決。1点ビハインドの8回、ホークスは小久保、ペタジーニの連続ソロで豪快に逆転。最後はファルケンボーグが締めて、王手です。

第2戦、あとがないバファローズは初回から打線が奮起。先頭の坂口が2塁打で出塁。これをカブレラが返し、まず1点。さらに5番指名打者、北川がツーランをたたきこみ、3点を先制。ホークス先発の杉内は2回以降立ち直るも、初回の乱調が響き、星はタイになった。

第3戦、大隣が初回につかまる。バファローズは今日も坂口がヒットで出塁。この3試合すべて先頭打者でヒットを放つという申し分ない働き。これが得点に結びつき、2点先制。バファローズは2回にも追加点。レスター、平野とつないで逃げ切った。

ええ!

バファローズが2nd.ステージ進出!?

結局、坂口は3試合で13打数6安打2四球と大暴れ。13打数4安打で四球ゼロの川崎との差が、勝因でしょうか・・・。



1

TM

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

Buffaloes

0

0

0

 

0

2

0

 

0

0

0

 

2

Hawks

0

0

1

 

0

0

0

 

2

0

X

 

3

2

TM

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

Buffaloes

3

0

0

 

0

0

1

 

0

0

0

 

4

Hawks

0

1

0

 

0

0

0

 

0

2

0

 

3

3

TM

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

Buffaloes

2

2

0

 

0

0

0

 

0

0

0

 

4

Hawks

0

0

2

 

0

0

0

 

1

0

0

 

3

 

|

« クライマックス 1st ステージ セ・リーグ その2 | トップページ | クライマックス 2nd ステージ セ・リーグ »

2011 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クライマックス 1st ステージ セ・リーグ その2 | トップページ | クライマックス 2nd ステージ セ・リーグ »