« クライマックス 1st ステージ パ・リーグ | トップページ | 書籍到着 -BASEBALL HACKS とセイバーメトリクス・リポート1- »

2012.03.25

クライマックス 2nd ステージ セ・リーグ

セ・リーグ2nd.ステージはジャイアンツとタイガースの対戦。


【第1戦】
タイガースは進境著しい秋山が先発。
ドラゴンズとの3連戦で主戦投手を使ってしまったジャイアンツは初戦に西村を立てる。
その西村が初回にいきなりつかまる。ショート坂本がなんでもないゴロをはじき、ブラゼルがヒットでチャンスを広げ、続く城島がスリーラン。結局、これがすべて。ジャイアンツは9回にラミレスのソロと脇谷のタイムリーで1点差に追い上げたが、リリーフの渡辺に抑えられた。

【第2戦】
先発はタイガースが上園、ジャイアンツは左腕藤井。
タイガースは3回、藤川の2塁打を皮切りに4安打を連ね、とどめは5番鳥谷の3ラン。8回には関本のソロでダメ押し。
ジャイアンツは9回に高橋由の2ランで完封を逃れるのがやっとで、圧倒されっぱなしでした。
1勝のアドバンテージを加え、タイガースは3勝で早くも王手です。

【第3戦】
先発はタイガースが鶴、ジャイアンツは福田。
あとがないジャイアンツは福田が力投。7回から久保、越智とつないで、1回のラミレスのホームランによる3点を守り切り、どうにか翌日に希望をつないだ。

【第4戦】
ジャイアンツは、今やエースの感がある朝井が先発。対するタイガースはスタンリッジ。
4回、タイガース打線は藤井をとらえ、マートン、平野、城島、新井がシングルヒット。そして金本が2ラン。5安打で5得点と効率の良い攻めで、リードを奪う。
ジャイアンツは渡辺、藤川の継投の前にチャンスらしいチャンスも作れず、今日も9回、長野のセンターへの犠牲フライで1点をとるのがやっとでした。

というわけで、タイガースが悠然と日本シリーズへコマを進めます。




 

 

1

TM

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

Giants

0

0

0

 

0

0

0

 

0

0

2

 

2

Tigers

3

0

0

 

0

0

0

 

0

0

X

 

3

2

TM

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

Giants

0

0

0

 

0

0

0

 

0

0

2

 

2

Tigers

0

0

5

 

0

0

0

 

0

1

X

 

6

3

TM

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

Giants

3

0

0

 

0

0

0

 

0

0

0

 

3

Tigers

0

0

0

 

0

0

0

 

0

0

0

 

0

4

TM

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

Giants

0

0

0

 

0

0

0

 

0

0

1

 

1

Tigers

0

0

0

 

5

0

0

 

0

0

X

 

5

 

 

|

« クライマックス 1st ステージ パ・リーグ | トップページ | 書籍到着 -BASEBALL HACKS とセイバーメトリクス・リポート1- »

2011 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クライマックス 1st ステージ パ・リーグ | トップページ | 書籍到着 -BASEBALL HACKS とセイバーメトリクス・リポート1- »