« STRAT-O-MATIC 社が野球ゲームに新ラインナップ | トップページ | ゲームマーケット大阪 準備中 »

2012.02.22

わかりやすく書いてある


久しぶりに野球データ分析の本を買いました。


MATHLETICS
(WAYNE L. WINSTON, PRINCETON UNIVERSITY PRESS, 2009)

Dscf1647


MATHEMATICS(数学)とATHLETICS(運動競技)をひっかけたタイトル。

野球(MLB)の他、フットボール(NFL)、バスケットボール(NBA)データを分析する本。

まだ野球の章を20ページほど読んだだけですけど、セイバーの基本的な指数を、順を追って丁寧に説明してくれています。

結果に至る計算の過程を、例を挙げてきちんと説明してくれているので、とてもわかりやすいのです。

単語もあんまり難しいの出てこないし、文章も平易です。

こういう本を訳してくれたらいいのになあ、と思います。

ただ、フットボールやバスケットボールの章まで読むかは、自分でも疑問です。

(なんだかんだ、英語はやっぱり読むのにパワー要ります)

|

« STRAT-O-MATIC 社が野球ゲームに新ラインナップ | トップページ | ゲームマーケット大阪 準備中 »

事務局日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STRAT-O-MATIC 社が野球ゲームに新ラインナップ | トップページ | ゲームマーケット大阪 準備中 »