« 1月定例会までの主な救援投手成績 | トップページ | 2月定例会までの結果 セ・リーグ »

2012.02.18

2月定例会までの結果 パ・リーグ

パ・リーグは2位まで決まりました。

マリーンズが下剋上の必要もなく堂々の優勝です。しかも、現在7連勝中とゼッコーチョー。福浦はとうとう打率4割のまま。残り試合は出さないそうです。このままでは機構初の4割打者だ。

ホークスは結局首位と8ゲーム差も離されて2位でシーズンを終えた。クライマックスでの逆転に、気持ちを切り替えているところでしょう。

ライオンズはホークスとの直接対決3連戦で3連敗を喫してCSが消滅。終戦。9月にはいいり中村が好調。12戦で10本塁打を量産。これが唯一の楽しみとなってしまった。

イーグルスはシーズンを通して元気なく、最下位確定です。

バファローズはソフトバンクを3タテして一気に巻き返し。しかし最終戦、勝てばCS確定という試合で、完投目前の中山が9回に4点差を守れず逆転負け。かろうじてCSへの望みをつないでいます。ファイターズが最終戦に敗れると3位確定です。

ファイターズはシーズン終盤で8連敗。ダルビッシュでも止められませんでした。マリーンズに3連敗したのは痛かった。残り1試合、イーグルス戦に勝てばCSへ出られます、ということで、これはものすごいプレッシャーだ・・・・。




 


TM

監督

マリーンズ

69

42

23

4

.646

-

3

ホークス

72

36

33

3

.522

8.0

0

タカ派

バファローズ

72

35

37

0

.4861

2.5

0

K-タケダ

ファイターズ

71

34

36

1

.4857

0.0

1

コタカハシ

ライオンズ

71

31

35

5

.470

1.0

1

GTO

イーグルス

69

27

41

1

.397

5.0

3

ハタ坊

 

|

« 1月定例会までの主な救援投手成績 | トップページ | 2月定例会までの結果 セ・リーグ »

2011 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

>ライオンズはホークスとの直接対決3連戦で3連敗を喫してCSが消滅。終戦。

すみません。
この部分、GTOくんの代理でプレイした私の報告がよくなかったんですが、正確には

ライオンズはホークスとの直接対決3連戦で3連勝が必要だったが、緒戦は取ったものの、2戦目に先発大沼がリードを守れず敗北を喫してCSが消滅。終戦。(その後、大沼の身柄は横須賀方面に送られた模様。)

となります。

まー、結局のところ終戦には変わりないんですけどね。
3戦目は、武隈を2軍からあげて先発とか、もうすっかり来期を見据えてみました。

あ、最終戦の前に工藤様を昇格させておいたので、ありがたく使うように。ついでにGGもラストっぽいので上げてみた。これも使ってあげて。>GTO

投稿: ま | 2012.02.18 09:52 午後

CS1stステージの相手としては、対戦成績はFの方がシーズン中の分が良いですが、Fの表ローテとは殆ど当たってないため油断はできません。BsかFか、どちらが来ても、全力で迎え撃つのみです。さて最終戦では初物L武隈を打ちあぐねて引き分けましたが、往年の韋駄天・村松と、来季はカードにならない高橋徹の引退興行ができたのは収穫でした。

投稿: タカ派 | 2012.02.19 09:41 午前


"ま"監督

詳細なフォローありがとうございました。
ライオンズの件、手元のメモが間違っていたみたいです。


タカ派監督

お互い、1stステージからのチャレンジとなりますけど、頑張りましょう。

投稿: 事務局長 | 2012.02.19 12:23 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月定例会までの主な救援投手成績 | トップページ | 2月定例会までの結果 セ・リーグ »