« 2012年1月定例会は合宿 | トップページ | ゲームマーケット2012 大阪 および2011年版制作状況 »

2012.01.12

アンサリー・ブラッドリー統計検定

という、難しい検定方法で、以前に述べた投手ゲームデータのシーリング基準として採用しようと考案した登板指数の有意性を、タカ派監督が検証してくださいました。

結論からすると、

「いいんじゃないですか」

とのことです。

但し、念には念を入れて、もう少しデータを追加して検証したいとも。

合宿で大論文を渡されました。

すごい。

統計独学の事務局長などよりはるかに上です。

タカ派監督、もっと早く言ってくれれば(事務局長は)楽できたのに。

いや、能ある「タカは」爪を隠す、ですか。

|

« 2012年1月定例会は合宿 | トップページ | ゲームマーケット2012 大阪 および2011年版制作状況 »

事務局日記」カテゴリの記事

コメント

アンサリ・ブラッドリーを含む、ラページの検定だったんですが・・・ 過分なお言葉を頂き恐縮です。二つのヒストグラムを見比べれば、目分量で概ね判定できることでも、数学的に証明しようとすると、相応の手間がかかるという話です。事務局様からのデータ提供に感謝します。

投稿: タカ派 | 2012.01.12 10:49 午後

追加データの検証もよろしくね!
(そのうち送ります)

投稿: 事務局長 | 2012.01.13 09:34 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012年1月定例会は合宿 | トップページ | ゲームマーケット2012 大阪 および2011年版制作状況 »