« ベースボールマガジン 1978年12月号 | トップページ | APBA社が本社を移転 »

2011.12.27

自在にサイコロを操る女賭博師の全貌

アナログ野球ゲームをやっていますと、やはり、サイコロに敏感に反応してしまうのです。

で、以前の記事でも触れた、江波杏子・女賭博師シリーズ。

大映で全17本が作成されました。

その連続放送(日本映画専門チャンネル)が、とうとう終わってしまいました。(ちょっとさびしい)

前半のほうは観ていないので、しまったな、と思っていたら、なんと2月に連続再放送するそうです。

女賭博師シリーズは、1話完結。主人公は常に大滝銀子(江波杏子)ですが、ストーリーに連続性はありません。

でも、大体パターンは決まってるんです。

父や師匠が殺され、お銀さんが仇を打つ、最後は賭場で晴れ姿、という、そんな話。

水戸黄門的、カタルシスです。


|

« ベースボールマガジン 1978年12月号 | トップページ | APBA社が本社を移転 »

事務局日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベースボールマガジン 1978年12月号 | トップページ | APBA社が本社を移転 »