« 12月定例会までの結果 セ・リーグ | トップページ | 投手のペナントレースへの寄与度 »

2011.12.17

12月定例会までの結果 パ・リーグ

パ・リーグは2極分化が進んでいます。


不振を囲ったマリーンズは眼下の敵、ソフトバンク戦でホームラン5発を放ち、和田を炎上させ連敗をようやく7で止め、かろうじて首位を守った。

ホークスは藤岡が3勝目。勝ち星のすべてがマリーンズからと、キラーぶりを発揮しています。

ファイターズは復調。帯広、旭川、札幌での対ライオンズ戦で3連勝。中田翔が故障から戦列復帰し6号本塁打など、チームに活気が戻ってきている。

ライオンズはフェルナンデスが復帰したが、そこから3連敗。(いないほうが勝てるとは・・・・)

バファローズはエース金子でも勝てず、あいかわらず低空飛行です。

イーグルスはついに10連敗で最下位転落。連敗を止めたのはエース田中の力投と山崎の本塁打。だが、田中はなんとこれが今シーズン2勝目というのが、チーム状態を象徴している。この10連敗中、本塁打ゼロというのも驚き。



 


TM

監督

マリーンズ

51

29

18

4

.617

-

21

ホークス

51

29

20

2

.592

1.0

21

タカ派

ファイターズ

50

28

21

1

.571

1.0

22

コタカハシ

ライオンズ

50

19

27

4

.413

7.5

22

GTO

バファローズ

51

21

30

0

.412

0.5

21

K-タケダ

イーグルス

51

20

30

1

.400

0.5

21

ハタ坊

 

|

« 12月定例会までの結果 セ・リーグ | トップページ | 投手のペナントレースへの寄与度 »

2011 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月定例会までの結果 セ・リーグ | トップページ | 投手のペナントレースへの寄与度 »