« 10月定例会までの結果 セ・リーグ | トップページ | クローザーのWHIP推移(死球含む) »

2011.10.14

10月定例会までの結果 パ・リーグ

パはマリーンズが抜け出した。


マリーンズが7連勝。原動力は打線の爆発。現在、11試合連続5得点以上を記録している。福浦が(データを超えて)打ちまくっており、手が付けられない状況。このままゴールまで行ってしまうのか?

2位ホークスはファイターズを3連破して「さあ、首位を追撃」と意気込んでいたが、なんと死に馬ライオンズに3タテをくらい失速。首位とのゲーム差は5に広がった。もうこれ以上の後退は許されない状況だ。

ファイターズは連敗を3でなんとか止めた。武田勝が対イーグルス4回戦でうれしい今季初勝利。しかも完投のおまけつきだ。追いすがるイーグルスを叩いて、なんとか3位の座を盤石としたいところだ。

イーグルスは5連敗中。片山をリリーフさせ、しかもリリーフポイントが▲5になるまで続投させるという過酷な采配も実を結ばない。Aクラスを狙うどころか、背後にライオンズの足音まで聞こえてくる始末だ。

今度は大崎、平尾、グラマンが相次いで故障したライオンズ。フェルナンデスも依然ファームで調整中。にもかかわらずチームは5勝1敗と好調。選手を生贄の山羊として捧げ、勝利をもぎ取っているのではないかとの声がしきりである。また、4番に座ったおかわり君が11号と、キング争いに名乗りをあげた。

バファローズは再び最下位に逆戻り。T-岡田、カブレラが共に11号を放つも勝利にはつながりませんでした。




 


TM

監督

マリーンズ

40

26

11

3

.703

-

32

ホークス

45

24

19

2

.558

5.0

27

タカ派

ファイターズ

42

22

19

1

.537

1.0

30

コタカハシ

イーグルス

41

18

22

1

.450

3.5

31

ハタ坊

ライオンズ

44

17

24

3

.415

1.5

28

GTO

バファローズ

42

15

27

0

.357

2.5

30

K-タケダ

 

 

|

« 10月定例会までの結果 セ・リーグ | トップページ | クローザーのWHIP推移(死球含む) »

2011 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月定例会までの結果 セ・リーグ | トップページ | クローザーのWHIP推移(死球含む) »