« 南海都市伝説? | トップページ | パリーグ CS セカンド・ステージ 第5戦 »

2011.03.07

パリーグ CS セカンド・ステージ 第4戦

めざせ、下克上。

1戦、2戦を落とし、絶体絶命の千葉ロッテマリーンズは、しかし第3戦に勝利し、土俵際で踏みとどまった。

このまま、土俵中央まで押し返すことはできるのか?

ロッテは満を持して成瀬が登板。楽天は藤原で、分はロッテにありか。

ロッテは5回、それまで1安打の藤原をとらえ、打者一巡の猛攻で一挙4点をあげた。(といっても、5四球と制球を乱した藤原の自滅に近い)


楽天はその裏、草野のソロで1点を返すと、9回裏には先頭打者、中村真のソロで2点差に迫る。

ここで半監督はここ一番に弱いシコースキーを送る(送らざるを得ない)

そのシコースキー、続く渡辺直にいきなり本塁打を浴び、またもや「なにしに出てきたの」をやらかすのでは、とスタンドは盛り上がったが、なんとか後続を断った。

これで対戦成績は楽天の3勝2敗。

下克上にの歴史にまた1ページか?



E-M CS 4戦】

TM

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

Marines

0

0

0

 

0

4

0

 

0

0

0

 

4

Eagles

0

0

0

 

0

1

0

 

0

0

2

 

3

 

M 成瀬(8.0)-シコースキー(1)

E 藤原(9)

 

Marines

選手

1

2

3

4

5

6

7

8

9

1

西岡

8F

 

9F

 

BB

 

1BH

 

 

K

2

井口

2F

 

K

 

BB

 

7F

 

 

8F

3

ベニー

4F

 

BB

 

6G

 

6G

 

 

6G

4

サブロー

 

BB

7F

 

BB

 

 

5G

 

 

5

福浦

 

4G

 

4G

1BH

 

 

4F

 

 

6

大松

 

7F

 

8F

1BH

 

 

K

 

 

7

今江

 

5G

 

8F

BB

 

 

 

5G

 

8

早坂

 

 

1BH

 

1BH

K

 

 

4G

 

9

里崎

 

 

BB

 

8F

 

K

 

K

 

Eagles

選手

1

2

3

4

5

6

7

8

9

1

渡辺直

K

 

4G

 

K

 

6G

 

HR

2

高須

9F

 

1BH

 

4G

 

6G

 

6G

3

草野

3G

 

1BH

 

HR

 

 

1BH

1BH

4

鉄平

 

K

8F

 

4G

 

 

1G

5GD

5

宮出

 

2BH

 

K

 

5G

 

K

 

6

リンデン

 

9F

 

1BH

 

8F

 

1BH

 

7

セギノール

 

BB

 

3G

 

BB

 

1BH

 

牧田

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中谷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8

 

K

 

1W

 

5G

 

 

 

打一

山崎

 

 

 

 

 

 

 

4G

 

9

中村真

 

 

6G

K

 

 

4G

 

HR

 

|

« 南海都市伝説? | トップページ | パリーグ CS セカンド・ステージ 第5戦 »

2010 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南海都市伝説? | トップページ | パリーグ CS セカンド・ステージ 第5戦 »