« STRAT-O-MATIC 50周年の模様 | トップページ | パリーグ CS セカンド・ステージ 第2戦 »

2011.02.28

パリーグ CS セカンド・ステージ 第1戦

史実より先に、下克上を達成しようとの野望に燃える千葉ロッテマリーンズ。


半監督はやる気満々。

その勢いを真正面から受け止めてはかえって不利、と判断したのか、”ま”監督は先発にマー君でも岩隈でもなく、永井を立ててきた。

試合はロッテが中盤までリード。

しかし楽天はセギノール、山崎武の1発で追いつくと、8回裏には火消しに出てきたシコースキーをとらえ、2点をリード。

シコースキーは「何しに出てきたの?」状態で降板。

半監督は、「いつものこと」と、やや、あきらめ顔。

そんなわけで緒戦は楽天が勝利しました。



 

E-M CS 1戦】

TM

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

Marines

0

1

0

 

0

1

0

 

0

0

0

 

2

Eagles

0

0

0

 

0

1

0

 

1

2

X

 

4

 

M 小林(7.1)-シコースキー(0.1)-荻野(0.1)

E 永井(9)

 

Marines

選手

1

2

3

4

5

6

7

8

9

1

塀内

1BH

8F

 

 

1BH

 

K

 

K

2

福浦

K

 

6G

 

1E

 

3G

 

4G

3

井口

K

 

BB

 

K

 

8F

 

 

4

サブロー

K

 

5G

 

K

 

 

1BH

 

5

大松

 

2BH

9F

 

2F

 

 

6F

 

6

里崎

 

1BH

 

K

 

6F

 

K

 

7

ベニー

 

2BH

 

4G

 

1BH

 

1BH

 

田中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早川

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8

今江

 

8F

 

6LD

 

5GD

 

6G

 

9

西岡

 

K

 

 

BB

 

BB

 

4G

Eagles

選手

1

2

3

4

5

6

7

8

9

1

渡辺直

BB

 

9F

 

 

6G

 

2SAC

 

2

高須

1F

 

K

 

 

4G

 

9F

 

3

草野

BB

 

 

6G

 

1BH

 

2BH

 

4

鉄平

2G

 

 

1G

 

8F

 

1BH

 

5

憲史

 

3G

 

9F

 

 

K

 

 

リック

 

 

 

 

 

 

 

1BH

 

内村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6

リンデン

 

K

 

 

1BH

 

K

7F

 

7

山崎武

 

8F

 

 

6GD

 

HR

 

 

8

セギノール

 

 

1BH

 

HR

 

K

 

 

9

藤井

 

 

6G

 

K

 

 

1BH

 

走左

聖澤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« STRAT-O-MATIC 50周年の模様 | トップページ | パリーグ CS セカンド・ステージ 第2戦 »

2010 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STRAT-O-MATIC 50周年の模様 | トップページ | パリーグ CS セカンド・ステージ 第2戦 »