« セリーグ CS ファースト・ステージ 第3戦 | トップページ | セリーグ CS セカンド・ステージ 第2戦 »

2011.02.21

セリーグ CS セカンド・ステージ 第1戦

リーグ戦で終盤まで優勝を争った両チームが対決。

シーズン中の対戦成績は6勝6敗とまったくの互角でした。

緒戦、中日は必勝を期してチェンが先発。

いっぽう、巨人は、オビスポが登板した。

試合は予想通り投手戦。

そして決めたのはあの男。

そう、 ”恐怖の8番打者” (と監督は喧伝したのですが、他チームからはあまり恐れられなかった)谷繁でした。

8回、決勝のソロホームランを放ったのでした。

ちなみにこれもやはり中日監督が「クライマックスの秘密兵器」を呼号した野本は3タコ。

「そのままずっと秘密にしといてください」

巨人ハタ坊監督から言われてしまいました。



 

D-G CS 1戦】

TM

1

2

3

 

4

5

6

 

7

8

9

 

R

Giants

0

0

2

 

0

0

0

 

0

0

0

 

2

Dragons

0

1

0

 

0

0

1

 

0

1

X

 

3

 

Giants

選手

1

2

3

4

5

6

7

8

9

1

坂本

8F

 

4G

 

 

1BH

 

8F

 

2

松本

1G

 

1G

 

 

5G

 

6F

 

3

小笠原

4G

 

 

K

 

K

 

 

6G

4

ラミレス

 

3G

 

6G

 

8F

 

 

8F

5

阿部

 

K

 

1BH

 

 

4G

 

6G

6

 

9F

 

8F

 

 

5G

 

 

7

亀井

 

 

1BH

 

K

 

1BH

 

 

8

木村拓

 

 

HR

 

5G

 

4G

 

 

9

オビスポ

 

 

6G

 

8F

 

 

8F

 

Dragons

選手

1

2

3

4

5

6

7

8

9

1

荒木

1BH

 

5G

 

 

1BH

 

4G

 

2

藤井

4G

 

9F

 

 

8F

 

K

 

3

井端

7F

 

 

BB

 

3BH

 

 

 

4

森野

3G

 

 

6GD

 

K

 

 

 

5

和田

 

6F

 

4G

 

 

6G

 

 

6

ブランコ

 

HR

 

 

6G

 

8F

 

 

7

野本

 

K

 

 

3G

 

6G

 

 

8

谷繁

 

3F

 

 

K

 

 

HR

 

9

チェン

 

 

6G

 

 

4G

 

5G

 

 

 

|

« セリーグ CS ファースト・ステージ 第3戦 | トップページ | セリーグ CS セカンド・ステージ 第2戦 »

2010 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セリーグ CS ファースト・ステージ 第3戦 | トップページ | セリーグ CS セカンド・ステージ 第2戦 »