« STRAT-O-MATIC 50周年 | トップページ | セイバーメトリクス 守備指標 HEQ-D »

2010.12.26

進撃の巨人


Dscf1499


巨人快進撃。

破竹の9連覇。

いや、違います。

話題だそうですね。

「進撃の巨人」というSF?漫画が。

世界設定の奥行きや緻密さがすごいとか、2巻で100万部超えだとか、しかも作者デビュー作だとか、どれだけたいへんな漫画なのであろうかと、珍しく買ってみようかという気になりました。(コミックスを自分で買う、というのは久しくなかったのに)

しかし毎日忙しくて買いそびれていたのですが、ある日帰宅したら、テーブルの上に載っていた。


Dscf1498


家人の誰かが入手したようなのです。

で、読んでみました。

確かに世界設定が面白く出来ている。

伏線もいろいろあって、早く先を読みたい、という気にさせてくれます。

上手いですよ。

(しかし、これ、畳めるのかな? という一抹の不安も)

で、数日後、改めて考えていたら、ふと、思い当たりました。

「これ、ソンビじゃないの?」

巨人が人を捕食する絶望的な世界。巨人とそれを防ぐ壁、という小道具にだまされ、最初は気付かなかったけど、本質的にはジョージ・A・ロメロの一連の映画シリーズと構造相似形ではないか?


NIGHT OF THE LIVING DEAD・・・・・・人間小屋の中、外ゾンビ
DAWN OF THE DEAD・・・・・・・・・・・・人間ショッピングセンターに立てこもり(衣食潤沢)、外ゾンビ
DAY OF THE DEAD・・・・・・・・・・・・・ 人間核シェルターに立てこもり(ゾンビ研究中)、外ゾンビ
LAND OF THE DEAD・・・・・・・・・・・・ 人間街区を封鎖して立てこもり、外ゾンビ

人を捕食する(しかも生きるために食べるのではなく、ただ本能から襲う)理不尽なゾンビ。しかもなぜゾンビが発生したのか、論理的な説明は全くない。物語はただただ、人間とゾンビとの死闘を描く。

換骨奪胎?


余談ですけど、ロメロは映画に暗喩をこめているようにおもいます。

DAWNでは人間の欲望と利己主義の醜さを。

DAYでは核戦争の愚かさを。

LANDでは格差と強欲資本主義を。


|

« STRAT-O-MATIC 50周年 | トップページ | セイバーメトリクス 守備指標 HEQ-D »

事務局日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STRAT-O-MATIC 50周年 | トップページ | セイバーメトリクス 守備指標 HEQ-D »