« APBA コンベンション 2010 | トップページ | 2010年8月27日 22時25分現在 »

2010.08.26

野球体育博物館


久しぶりに野球体育博物館に赴きました。

図書室にちょっと用ができたのです。

図書室内の閲覧用テーブルのレイアウトが以前とは変わっていました。

目的はある年度の日刊スポーツ、というかニッカンテーブルを閲覧したかったからです。

で、行ってみたら、日刊スポーツは所蔵していないとのこと。

そうだったのか・・・。

国会図書館に行けばよいのでしょうけど、それも大変だなと思い

「なんとか方法はありませんか」

と尋ねたら、

「その年でしたら、こういうものが・・・」

と言って司書の方が出してくださったのが、7-8冊のスクラップブック。

ある記者の方が個人的にシーズン全部のニッカンテーブルをスクラップしたもので、それが図書室に寄贈されていたのです。

対戦カード別に全試合のテーブルがきれいにスクラップブックに整理されていました。

新聞を出してもらいテーブルの箇所を捜してコピーをとる手間を覚悟していたので、このようなものがあるとは驚きでした。

個人がプロ野球の昔の記録を調べるというのは、(マクロレベルの情報ならともかく)ミクロレベルになると実に困難な状況にあるのだなと、実感しました。

それを埋めてくれるのが個人の努力と善意によるものであるということも改めて認識いたしました。

ありがとうございます、と頭が下がる思いです。

(そして私も微力ながら、何かを残せれば、とも思いました。)

それにしても、司書の方には、とても親切丁寧にに対応していただきました。

本当にありがとうございました。

|

« APBA コンベンション 2010 | トップページ | 2010年8月27日 22時25分現在 »

事務局日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« APBA コンベンション 2010 | トップページ | 2010年8月27日 22時25分現在 »