« 2塁打と3塁打 その4 | トップページ | 7月定例会までのパ・リーグ打撃成績 »

2010.08.02

2塁打と3塁打 その5


千葉マリンで2・3塁打が多いということについてですが、理由としては(推測ですけど)やはり球場の形状かなあと思ったり。


千葉マリンの左中間・右中間の最深部が116.3mと深いこと。

両翼は99.5mで、結果として外野の弧が深くなること、でしょうか。

同様の札幌ドームや京セラドーム大阪(両翼はもう少し深いですが)も、2塁打が相対的に多いですし。

ではスカイマークはどうして、というのはちょっとわかりませんけど・・・。

球場別に打撃解決チャートを作るゲームがあるのも、なんか、わかる気がしてきます。


ちょっとお疲れ気味なので、今日はここまでです。


※投手が2塁打どれだけ打たれるか、のはずだったのに、だいぶ脱線気味です。

|

« 2塁打と3塁打 その4 | トップページ | 7月定例会までのパ・リーグ打撃成績 »

卓上野球総研」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2塁打と3塁打 その4 | トップページ | 7月定例会までのパ・リーグ打撃成績 »