« 2塁打と3塁打 その2 | トップページ | 2塁打と3塁打 その4 »

2010.07.31

2塁打と3塁打 その3

さて、安打におけるロッテの2塁打、3塁打の構成比率が毎年高いという傾向が見て取れたわけですけれど、これだけでは、ロッテ打線の特徴なのか、球場に起因するのかが、まだ判然としませんので、球場別にどうなのかを調べてみました。

前回までの分析では、1988年から2008年までの平均と標準偏差を使用していましたが、これに新たに2009年のデータを加えて再計算しました。

1988-2009年 平均
・単打 70.2%
・2/3塁打 18.9%
・本塁打 10.9%

1988-2009年 標準偏差
・単打 0.028
・2/3塁打 0.019
・本塁打 0.025

2009年のデータを加えたことでの上記値の大きな変化はありませんでした。

で、分析対象データですが、さすがに球場別には1988年まで遡ることはできませんので、2006-2009年のデータで傾向を見ました。

すると・・・・・千葉マリン、次いで札幌ドームで2塁打、3塁打が多いという傾向が見えてきたわけです。札幌ドームで多いというのは、感覚的にはなんとなくわかるのですが、マリンスタジアムは、なぜ?

ただ、ロッテ、日本ハムは、チーム別に見た時も、08年、09年は2・3塁打が多いんですよね。


★2/3塁打の標準値

ロ'08 2.62
ロ'09 1.49
日'08 1.02
日'09 2.25

ですから、まだこれでは球場が原因ということは言い切れません。

(この項続きます)



 

球場

単打

二・三塁打

本塁打

単打

二・三塁打

本塁打

Kスタ宮城

73%

19%

8%

1.11

-0.13

-1.18

スカイマーク

73%

17%

10%

1.16

-1.17

-0.44

ナゴヤドーム

72%

20%

7%

0.67

0.82

-1.40

マツダ

69%

18%

13%

-0.43

-0.37

0.79

横浜

69%

20%

11%

-0.51

0.60

0.12

京セラドーム

71%

21%

8%

0.14

1.09

-1.00

広島市民

74%

14%

13%

1.19

-2.60

0.64

甲子園

79%

16%

6%

3.03

-1.69

-2.18

札幌ドーム

70%

22%

8%

-0.18

1.88

-1.24

神宮

71%

18%

11%

0.21

-0.20

-0.09

西武ドーム

71%

18%

11%

0.22

-0.22

-0.09

千葉マリン

68%

22%

10%

-0.90

1.91

-0.44

東京ドーム

67%

19%

14%

-1.13

-0.02

1.31

福岡ドーム

72%

20%

7%

0.69

0.82

-1.42

その他

73%

18%

9%

1.08

-0.49

-0.87

 


|

« 2塁打と3塁打 その2 | トップページ | 2塁打と3塁打 その4 »

卓上野球総研」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2塁打と3塁打 その2 | トップページ | 2塁打と3塁打 その4 »