« 世界の卓上野球にリンクを追加しました | トップページ | 6月定例会までのセ・リーグ打撃成績 »

2010.06.30

BALL PARK BASEBALL (ボール・パーク・ベースボール) つづき


前回のBALL PARK BASEBALL の紹介の中で、肝心なことを書くのを(Wカップに気を取られて)忘れてしまいました。

BALL PARK BASEBALL でのもうひとつの特徴は、球場効果を大胆に取り入れている点です。ホームランの出やすさだけでなく、単打、二塁打、三塁打、エラーにも球場効果が反映されているそうです。

球場効果はPTP(パースー・ザ・ペナント)が有名なんですけど、それに先立つこと14年、既にBALL PARK BASEBALLで編み出されたシステムであったのか?

それとも、1971年の発売以降に改良を加えられてきて、今日の姿になったのか?

つまり、BALL PARK BASEBALLが先か、PTPなのか、ということなのですが。

1971年版のBALL PARK BASEBALLが入手できれば、あるていどわかるんでしょうけど。

|

« 世界の卓上野球にリンクを追加しました | トップページ | 6月定例会までのセ・リーグ打撃成績 »

世界の卓上野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界の卓上野球にリンクを追加しました | トップページ | 6月定例会までのセ・リーグ打撃成績 »