« 日米英同時破産、または首相とプロ野球 | トップページ | セイバーメトリクスと卓上野球 »

2010.05.02

XR27

先のエコノミスト誌の記事の中でセイバーメトリクスの指標のひとつ、XR, XR27が紹介されていました。

XRというのは、「打者の得点能力を測る指標」であり「他の指標に比べて多くの基礎データを用いて算出する特徴を持ち、14種類の攻撃データを用いて統計学でいう『重回帰式』のような式で表され」ており、「このXRから派生したXR27という指標・・・中略・・・を用いることによって、ある選手が1番から9番までの打順をすべて1人で打ったと仮定したときに1試合で得られる点数の期待値」なのだそうです。(文中「」内は、週刊エコノミスト・2010年5月4、10日合併号・東海大学理学部准教授・鳥越規央・『統計学でみる野球セオリーの虚実』・P55より引用)

なるほど。

では検証してみましょうか、というのが、すぐにできるのが、アナログ野球ゲームの魅力でしょう。(ウソ)

誰でやるか?

昨年のXR27ナンバーワンは?

おお、同誌によれば、われらが『おかわりくん』こと中村剛也選手ではありませんか。XR27=8.04とは、つまり1番から9番までおかわり君で打ったら、8点は取れるということですね。

Nakamura


■XRの算出式

XR = 0.50×単打+0.72×二塁打+1.04×三塁打+1.44×本塁打+0.34×(四球+死球-故意四球)+0.25×故意四球+0.18×盗塁-0.32×盗塁死-0.09×(打数-安打-三振)-0.098×三振-0.37×併殺打+0.37×犠飛+0.04×犠打 (『野球の見方が180度変わるセイバーメトリクス』 データスタジアム編・宝島社・2008年 より)

XRだと打席が多いほど大きくなり、単純な選手間の比較がしにくくなるので、27回打席に立ったとしたらどうなのよ、という風に置き換えたものが、XR27なんだそうです。

XRは、各種打撃データに一定の加重を加えて、得点能力と結びつけているわけですね。それなら、検証は基本的に打者カードのみを用い、エラーや暴投などは加味しないということでよさそうですね。

なので、以下のルールでやってみることにしました。

走者進塁は基本ルール
エラーはなし、ワイルドもなし
バントもなし
盗塁もなし
投手は右投手、対右ヒット±:0、四球:41-43、三振:64-66、被本塁打±:0という平均的な値を持つ『透明ピッチャー』を使用。
投手の疲労もなし

バントや盗塁は加重も小さいし、作戦を毎回恣意的に立てると、検証がおかしくなるからオミットすることにした。

で、おかわり君のカードを9枚作成。

1番・中村剛也、2番・中村剛也、3番・中村剛也 ・・・・・・・という(相手投手から見たら)実におぞましい打線がそこに。

Dscf1391


始めてみたら、カードは9枚もいらない、というか1枚でたくさんだった。途中からポーンで代行。(まあ、気分出すために9枚作ってみたんですよ。)

Dscf1394


1試合9回で延長戦なし。結果です。

■第1試合

11安打4四球、4二塁打、2本塁打、得点3点

あれ、たったの3点。
透明ピッチャーの粘り強いピッチングに思うように得点がとれないおかわり打線。おかしいな。そんなはずは。

というわけで

■第2試合

13安打2四球、5二塁打、2本塁打、得点11点

今回は打線が6回に爆発。打者一巡の猛攻で一挙6点。塁上を埋める中村剛也たち。

Dscf1392

8回には6番・中村剛也が、四球の5番・中村剛也を一塁に置いてレフトへツーラン。9回にも1番・中村剛也がライトへツーランを放った。

うーん、いい線いってますね。では、もう1試合。

■第3試合

10安打10四球、6二塁打、1本塁打、得点6点

今日のおかわり打線は選球眼で勝負、ていうかですね、透明ピッチャー四球出しすぎ。(2回には押し出しですよ。)でランナー溜めて二塁打をくらうという展開。よく6点ですみました。

しかし、攻めるだけだから1試合10分かからない。じゃあ、ということでもう1試合。

■第4試合

12安打1四球、1二塁打、5本塁打、得点9点

やっと、おかわり打線らしい攻撃を見ることが出来た。

本塁打は

1番・中村剛也 2ラン(6回)
3番・中村剛也 ソロ(3回)
4番・中村剛也 ソロ(5回)
7番・中村剛也 2ラン(2回)
8番・中村剛也 ソロ(2回)

とすさまじく、9点のうち7点はホームラン。これぞ、おかわり流ですね。


■まとめ
4試合の合計得点は29点で、平均7.25点。XR27が8.04だから、おお、なかなか良いじゃありませんか。(ゲームの基本構造が間違っていないことが証明できました・・・ほんと?)

ちなみに、4試合でおかわり打線が喫した三振は40個。つまりアウトの37%が三振。ゴロアウトはわずかに12個(11%)。あとは飛球でした。まあ、そういう打者ですからね。


しかし、GW中の真昼間に、何をやってるんだ、自分・・・・。

|

« 日米英同時破産、または首相とプロ野球 | トップページ | セイバーメトリクスと卓上野球 »

卓上野球総研」カテゴリの記事

コメント

これはたまらんです!
おかわり祭!
ドンブリがいくつあってもたりないですね!

あ、ドンブリも1つあればいいのか(笑)。

あと大量のおかわりくん、使い途もないでしょうから2枚ほどウチにください?!

投稿: ま | 2010.05.02 06:59 午後

いかにゲームシステム検証のためとはいえ、とりかえしのつかないことをしてしまいました。(笑)

おかわり君のカード、2枚といわず、全部差し上げますよ!

投稿: 事務局長 | 2010.05.02 08:04 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日米英同時破産、または首相とプロ野球 | トップページ | セイバーメトリクスと卓上野球 »