« ロゴを作成 | トップページ | 2009年 主力選手の投手基本データ »

2010.05.24

野球ゲーム「卓上野球機構」の概要

「卓上野球機構」は選手カードとダイスを使って遊ぶ野球ゲームです。


卓上野球ゲームのルーツは当然米国です。英語ではTabletop Baseball Gameといいます。文字通り、テーブルの上で楽しめる野球ゲームのことです。広義には野球盤のように物理的に野球を再現するゲームも含まれるのでしょうが、ここでは、実際の野球選手の成績を元にした選手カードや、ダイスを用いて遊ぶゲームのことを指します。


こうしたゲーム、かつては国内でも熱闘12球団ペナントレース(米国APBA BASEBALLの日本版。これには私も、昔かかわりました)等がありましたが、現在では(少なくとも商業ベースでは)絶滅。少数?の有志の方が同人活動あるいは趣味の範囲で制作されているのみです。

卓上野球機構とは、もともとこうした卓上野球を楽しむ有志のサークルで、1998年以来、14年間にわたり活動してきました。


国内でどのていど、こうしたゲームの愛好者がおられるのか、定かではありません。また、商業ベースでの製品が姿を消して20年近く経過しているため、このようなゲーム自体を体験されたことのない方も、いらっしゃるかと思います。

そうした状況への限りない寂しさもひとつの動機となり、今回、ゲームシステムを一新し、チャートやルールブックも全て書き下ろし、整備しました。

■ゲーム概要■

サークルと同じ名前を持つこのゲームは、実際の成績をもとに作成された選手カードと6面ダイス2個を用い、野球の試合を行う非電源系の野球ゲームです。

プレイヤーはチームの監督の立場でゲームを行います。ゲームは実際の野球と同じように進行します。選手の起用(代打、代走、投手交替など)も実際の野球ルールに従ってください。1試合の平均プレイ時間は30分~40分です。

ゲームは2人でプレイします。プレイヤー(監督)は指揮するチームを選び、先攻・後攻を決めます。先発メンバーを選手カードから選び、打順と守備位置を決定します。

【ゲームの基本システム】

選手カードには投手カードと野手(打者)カードがあります。両者の値を比べ、ダイスを振り結果を判定します。

ダイスはまず投手側が赤白2個を同時に振り、出た目を赤・白の順に読みます。赤の目が1、白の目が4なら14と読みます。(この読み方を(D66)といいます。)

1_4


上図の場合、ダイスの目が24以下ならヒット、41~43なら四球、33~36または63~66ならば三振となります。

ヒットのとき、攻撃側は打者カードで再度ダイス2個(D66)を振り、出た目を、打者カードの白抜きになっている、11~66の数字の中から探します。その右隣に記されているのが、ヒットの種類です。

最初に守備側が振ったダイスの結果がヒット、四球、三振のいずれでもなければ、攻撃側はダイス2個(D66)を振ります。出た目を、打者カードの白抜きになっている、11~66の数字の中から探します。その右隣の2つ目(ヒットの右隣)に記されているのが凡打の結果です。

結果に緑の網掛けがされているなら、エラーが起きるかのチェックをします。

以上で1打席が解決します。1試合は早ければ20分、普通でも30~40分で終了するでしょう。

ゲームルールは、基本・上級・ペナントレース・選択の4部構成です。

基本ルールは約5ページです。基本ルールに慣れて来たら上級ルール、選択ルールを使用してください。(ルールブックは全体でも12ページです。)

ペナントレース・ルールは、日程を編成しリーグ戦を行うためのルールで、選手の故障や投手のローテーションについて定められています。

Unusual Play 表(いわゆる珍プレイ表)は、ランナーの状況別に設定されており、実際の野球で起こる多くの出来事が網羅されています。

|

« ロゴを作成 | トップページ | 2009年 主力選手の投手基本データ »

01.ゲーム「卓上野球機構」について」カテゴリの記事

コメント

突然の書き込み、失礼いたします。HN「あおりんご」と申します。
私、「熱闘12球団ペナントレース」発売当初からのファンで、当時は毎年購入してはプレイしておりました。
最近はアナログの野球ゲームがなく、寂しい思いをしていました。最近、ひょんなことから御サークルのホームページを拝見させていただき、御サークルで制作されている「卓上野球機構」に非常に興味をそそられました。
そこで、ひとつ質問があるのですが、御サークルのゲームは通販で購入することは可能なのでしょうか?
非常に勝手な質問で申し訳ありません。よろしくお願い致します。

投稿: あおりんご | 2010.05.27 10:03 午後

あおりんご様

コメントいただきありがとうございます。
このようなお申し出はあまりいただきませんので、たいへん嬉しく存じます。

あくまで個人的な趣味の活動ですので、特に販売ということはいたしておりませんが、ご興味お持ちいただいた方には対応させていただきます。

お手数ですが、とりあえず以下までメールいただけませんでしょうか。

2runjacks@mail.nethome.ne.jp

よろしくお願い申し上げます。

※なお、都合で明朝よりメールがちょっと読めません。土曜夕刻以降に必ずご返信いたしますので、ご了承くださいませ。

投稿: 事務局長 | 2010.05.27 10:42 午後

こんばんは。初めまして【まさのり】と申します。突然のコメント申しわけありません。野球ゲームをネットで探していましたところ、こちらのホームページを見つけました。非常に興味深く、私もプレイさせて頂きたいと思います。子供のころから野球盤、プロ野球カードと親しんでいます。ちなみに実家が福岡ですのでソフトバンクのファンです。
掲載のコメント同様に販売等されていましたら購入は可能でしょうか。唐突な質問で申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

投稿: まさのり | 2011.05.30 10:59 午後

まさのり様

この度は、ゲームにご関心をお寄せいただき、うれしく存じます。
ありがとうございます。
対応させていただきます。

先ほどメールいたしましたので、ご確認ください。

よろしくお願い申し上げます。

2runjacks@mail.nethome.ne.jp

投稿: 事務局長 | 2011.06.01 11:45 午後

こんにちは「赤虎」といいます。
タカラプロ野球カード、熱闘12球団ペナントレースなどを懐かしく思い、現在同様のカードゲームが存在するのか調べていたところ、このホームページに辿り着きました。
内容を確認したところ、過去のカードゲームの良い所を残しつつ新たなシステムを導入し、非常にリアリティのあるゲームになっていると感じました。
そこで是非入手し、プレーしてみたいと思うのですが、入手先、方法など教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿: 赤虎 | 2016.06.30 09:21 午前

赤虎様

卓上野球機構に御高評いただき、ありがとうございます。

ゲームについて対応いたしますので、以下にメールいただけますでしょうか。

fmrt66@gmail.com

折り返し御連絡いたします。

お手数おかけし恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。

投稿: 事務局長 | 2016.06.30 10:50 午後

お世話になります「赤虎」です。
私からのメールは届いていますでしょうか?
2度送らせていただきました。
迷惑メールとして弾かれたのでしょうか・・・

投稿: 赤虎 | 2016.07.05 06:32 午後

赤虎様

ご返事おそくなりすみません。

申し訳ございません。メールは届いておりません。

「ゲーム入手に関するお問い合わせ」

http://ttbo.cocolog-nifty.com/ttbotable_top_baseball_or/2016/07/post-7db8.html


という記事を掲載しました。

そこからアドレスをクリックするとメーラーが開きます。

そちらからメールいただければと存じます。

お手数をおかけしすみません。

お試しいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

投稿: 事務局長 | 2016.07.06 08:59 午後

メールご返信いたしました。
お手数をおかけしすみません。
ご確認お願いいたします。

投稿: 事務局長 | 2016.07.09 08:27 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロゴを作成 | トップページ | 2009年 主力選手の投手基本データ »