« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010.05.31

リアルなゲームって

APBAについての新聞記事を読んでいたら、そこに、目から鱗の記述が・・・。

続きを読む "リアルなゲームって"

| | コメント (2)

2010.05.30

前回定例会までの投手成績(パ)

パリーグの投手成績です。

記録部様、おつかれさまでした。

ありがとうございます。

続きを読む "前回定例会までの投手成績(パ) "

| | コメント (0)

前回定例会までの打撃成績(パ)

引き続き、記録部様が集計してくださいました。

ありがとうございます。

続きを読む "前回定例会までの打撃成績(パ)"

| | コメント (8)

2010.05.29

1999年の卓上野球機構はシナリオでプレイしてました

1999年は、シナリオでゲームをプレイしました。

まだ、本格的なペナントレースに発展するかどうかは、わからなかった頃のことです。

続きを読む "1999年の卓上野球機構はシナリオでプレイしてました"

| | コメント (0)

2010.05.28

ベイスターズ苦難の船出も開幕戦辛勝

2003年シーズンは、紙の卓上野球機構会誌「エンドラン」は発行していなかった。(と思います)

今回、ディレクトリーの底から原稿がみつかりました。


ちなみに、ここに書かれていることは、あくまでも卓上野球機構というサークルでの、ゲームのペナントレースの中での架空のお話ですから、誤解なきようお願いいたします。

続きを読む "ベイスターズ苦難の船出も開幕戦辛勝"

| | コメント (0)

2010.05.27

セイバーメトリクスと卓上野球(投手・DIPS)

投手の指標のひとつにDIPSというのがあるそうですね。

前回定例会後の酒の席で野球学士まさゆき監督が連呼していた指標です!

続きを読む "セイバーメトリクスと卓上野球(投手・DIPS)"

| | コメント (0)

2010.05.26

AVS -APBA vs. STRAT-O-MATIC-

エイリアン対Sなんとかではありません。

APBAとSTRAT-O-MATICは米国では卓上野球の2大ブランドだそうです。

続きを読む "AVS -APBA vs. STRAT-O-MATIC- "

| | コメント (2)

2010.05.25

前回定例会までの投手成績(セ)

同様にセの投手成績です。

続きを読む "前回定例会までの投手成績(セ)"

| | コメント (0)

前回定例会までの打撃成績(セ)

記録部より入電いたしました。

ありがとうございます。

続きを読む "前回定例会までの打撃成績(セ)"

| | コメント (0)

2010.05.24

2009年 主力選手の打撃基本データ

2009年シーズンの主要選手の打撃データの一部です。

卓上野球機構では、09年公式戦出場全選手をカード化して、ペナントレースをプレイしています。

続きを読む "2009年 主力選手の打撃基本データ"

|

2009年 主力選手の投手基本データ

2009年シーズンの主要選手の投手データの一部です。

卓上野球機構では、09年公式戦出場全選手をカード化して、ペナントレースをプレイしています。

続きを読む "2009年 主力選手の投手基本データ"

|

野球ゲーム「卓上野球機構」の概要

「卓上野球機構」は選手カードとダイスを使って遊ぶ野球ゲームです。


卓上野球ゲームのルーツは当然米国です。英語ではTabletop Baseball Gameといいます。文字通り、テーブルの上で楽しめる野球ゲームのことです。広義には野球盤のように物理的に野球を再現するゲームも含まれるのでしょうが、ここでは、実際の野球選手の成績を元にした選手カードや、ダイスを用いて遊ぶゲームのことを指します。


こうしたゲーム、かつては国内でも熱闘12球団ペナントレース(米国APBA BASEBALLの日本版。これには私も、昔かかわりました)等がありましたが、現在では(少なくとも商業ベースでは)絶滅。少数?の有志の方が同人活動あるいは趣味の範囲で制作されているのみです。

卓上野球機構とは、もともとこうした卓上野球を楽しむ有志のサークルで、1998年以来、14年間にわたり活動してきました。


国内でどのていど、こうしたゲームの愛好者がおられるのか、定かではありません。また、商業ベースでの製品が姿を消して20年近く経過しているため、このようなゲーム自体を体験されたことのない方も、いらっしゃるかと思います。

そうした状況への限りない寂しさもひとつの動機となり、今回、ゲームシステムを一新し、チャートやルールブックも全て書き下ろし、整備しました。

続きを読む "野球ゲーム「卓上野球機構」の概要"

| | コメント (9)

2010.05.22

ロゴを作成

最近、GIMPを使っています。

続きを読む "ロゴを作成"

| | コメント (0)

2010.05.21

試行過程でのカード

現在のシステムには概ね納得感がある私なのですが、そこに到るまでには結構いろんな試みを行いました。

続きを読む "試行過程でのカード"

| | コメント (0)

2010.05.20

2002年ペナントレースは合宿でスタートしていました

合宿アジェンダは以下のとおりでした。

2002年度公式戦開幕イベントスケジュール

1.オリエンテーション(12:00-13:00)

・会場利用上の注意
・アンケート用紙記入
・1軍メンバー登録

2.開会宣言(コミッショナーあるいはやりたい人)

3.試合開始(13:10-)

4.初日終了(19:00)

-休憩-

5.懇親会(19:30-21:30)

6.2日目試合(9:00-18:30)

7.解散(19:00)


続きを読む "2002年ペナントレースは合宿でスタートしていました"

| | コメント (0)

2010.05.19

ゴロを打たせる投手?

新システムの2年目、ルールブックも引き続き校正を重ねて、だいぶブラッシュアップできてきました。

続きを読む "ゴロを打たせる投手?"

| | コメント (0)

2010.05.18

完全試合の真実

ところで、完全試合って卓上野球史の中で何回ぐらいあったんでしょうか?

ノーヒットノーランは今でも何年かに1度くらいはあるのですけれど。

現在の機構は1998年スタートですが、実は前身があります。(その話は、長くなるので、また別の機会に)

これは、その頃を回想したもので、卓上野球機構会誌・エンドラン第7号に掲載されたものです。

記録に残る唯一の完全試合です。

執筆者不明なんですが、この文体は“ま”監督?

続きを読む "完全試合の真実"

| | コメント (4)

2010.05.17

犠飛パラメータをなくした理由

旧システム(SPI)には、選手ごとに犠飛(SF)というデータが付与されていましたが、新システムではこれを廃止しています。

続きを読む "犠飛パラメータをなくした理由"

| | コメント (0)

2010.05.16

卓上野球機構のカードデザイン変遷

ふと気づけば13年目に突入している卓上野球機構のペナントレースです。

しかし、ずいぶんと続いておりますね。

そこで、カードデザインの変遷など振り返ってみました。

続きを読む "卓上野球機構のカードデザイン変遷"

| | コメント (0)

2010.05.15

本日の横-西戦

涌井が3安打4打点1二塁打ですってね。

来年の涌井の打撃カード、ちょっといやかも・・・・。

| | コメント (0)

2010.05.13

虚構のエース

卓上野球機構・旧会誌「エンドラン」の第17号より再録です。

データが良いのに、ここぞというときに、期待通り活躍してくれない選手、ときどきいますね。

カードにもスランプはあるのでしょうか・・・・。

続きを読む "虚構のエース"

| | コメント (0)

2010.05.12

魂の抜けた・・・・

先日の例会で久しぶりに魂の抜けたダイスと再会しました。

続きを読む "魂の抜けた・・・・"

| | コメント (0)

2010.05.10

2010年5月 定例会結果

卓上野球機構・2010年5月定例会の結果です。

ペナントレース序盤戦。

スタートダッシュに成功したのは・・・・。

続きを読む "2010年5月 定例会結果"

| | コメント (4)

2010.05.05

セイバーメトリクスと卓上野球

卓上野球ゲームの魅力は、選手カードから選手の個性が理解できる、ということではないかなと、思います。

続きを読む "セイバーメトリクスと卓上野球"

| | コメント (2)

2010.05.02

XR27

先のエコノミスト誌の記事の中でセイバーメトリクスの指標のひとつ、XR, XR27が紹介されていました。

続きを読む "XR27"

| | コメント (2)

日米英同時破産、または首相とプロ野球

先日、新幹線での移動中に「エコノミスト」(2010年5月4・10日合併号)という雑誌を読んでいたら、面白い記事に出会いました。

ちなみに私は毎週「エコノミスト」を購読しているわけではなく、たまたま駅のスタンドで

「日米英同時破産・膨大な借金と始まった悪い金利上昇」

という、おどろおどろしい特集タイトルを見かけ、思わず手を出してしまったわけです。

続きを読む "日米英同時破産、または首相とプロ野球"

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »