« セイバーメトリクスと卓上野球 | トップページ | 魂の抜けた・・・・ »

2010.05.10

2010年5月 定例会結果

卓上野球機構・2010年5月定例会の結果です。

ペナントレース序盤戦。

スタートダッシュに成功したのは・・・・。



セ・リーグ


TM

監督

スワローズ

13

10

3

0

.769

-

59

まさゆき

タイガース

13

8

4

1

.667

1.5

59

金吾

ジャイアンツ

13

7

5

1

.583

1.0

59

ハタ坊

ベイスターズ

11

4

7

0

.364

2.5

61

モジ

カープ

10

3

7

0

.300

0.5

62

コバヤン

ドラゴンズ

14

4

10

0

.286

1.0

58

モリタニ

 

燕軍団スタートダッシュに成功。今シーズンから新たにスワローズ監督に就任した、まさゆき監督の用兵の妙が冴え渡る!開幕13試合にして早くも貯金7で独走態勢か。恐らく本人は狂喜乱舞したいはずだが、なぜか今のところ平静を装っている。なぜだろう?

2位タイガースは“アニキ”4番・全イニング出場という厳しい縛りを受けながらも、その豊富な投手陣を堅実に運用し、勝ち星を伸ばしつつある。今シーズンこそ日本一の秘めたる闘志が熱く燃え上がっていることであろう。

ジャイアンツはスタートダッシュ失敗。一時は借金まで背負ったが、大戦力にモノを言わせて見事に復元。首位をうかがう位置まで戻ってきた。

ベイスターズは、可もなく不可もなく、か。ランドルフ投手の登板に周囲の注目が集まる。

昨シーズンの覇者、カープはここまでチーム本塁打がわずかに2本。得点は3点取るのもままならず、厳しい序盤戦となった。

Aクラスの一角を占めると予想されたドラゴンズはまさかの大失速で最下位。エラー続出、牽制死にクロスプレイは軒並みアウト。スタンドからは早くも罵声が・・・・。

 

パ・リーグ


TM

監督

バファローズ

12

7

4

1

.636

-

60

NPC

ライオンズ

12

7

5

0

.583

0.5

60

GTO

マリーンズ

11

6

5

0

.545

0.5

61

ファイターズ

11

5

5

1

.500

0.5

61

コタカハシ

ホークス

12

5

7

0

.417

1.0

60

タカ派

イーグルス

12

3

7

2

.300

1.0

60

”ま”

 

バファローズは打線が噴火中。バットを振ればボールはスタンドへ飛んでゆく状態。3番・カブレラ、4番・ローズ、5番・ラロッカ、6番・フェルナンデスと続く驚異のビッグ・ボーイズ打線。さらに後ろに控える下山がゼッコーチョーで、早くも満塁弾2発を放つなど手がつけられない状態。投手陣も打線の好調に引っ張られて完投が続出。昨シーズン、CSで涙を呑んだ悔しさをばねに、今シーズンこそ日本一か。(NPCなのに・・・・)

ライオンズは中継ぎ、抑えがともにふらふら状態。GTO監督いきなりエンジン全開を指示。先発全員完投命令にホームラン攻勢でバファローズ追撃中。

マリーンズも先発が踏ん張り投打が噛み合って貯金生活。Aクラスで交流戦へ突入する勢いだ。

ファイターズは(バファローズには手を焼いたものの)堅実な戦いぶりで5割をキープ。地力のあるチームだけに、あわてず騒がずといったところ。

ホークスは秘密兵器を投入。相手の予告先発投手を入力すれば答え一発、オーダーを自動的に表示するソフトまで使って必勝を期するも、成果はいまひとつのようだ。

昨シーズン奇跡のCS進出を遂げたイーグルスはスタートで躓き、想定外の最下位だ。原因は・・・・運が悪かっただけ。なにしろバファローズ戦では勝ち越しホームランが3塁ベース踏み忘れでアウトになるなど、どうもやることなすこと、うまく行かないのだ。

 

いずれにせよ、まだシーズンは序盤戦。この先、何が起こるかわかりません。今シーズンも、最後に笑うのは意外なチームかもしれませんね!

 

|

« セイバーメトリクスと卓上野球 | トップページ | 魂の抜けた・・・・ »

2010 ペナントレース」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
今年の日ハムのていたらくは、去年の卓上野球のジュマンジか!?と考える今日この頃です。せめて今年のデータで憂さを晴らしたいところですが・・・・・

ところで突然ですが、先月我が家に子供が生まれました。残念ながら女児ですので
卓上野球に引きずり込むのは難しいようです。ああ、益々小遣いが減る(涙)

投稿: ミスターK | 2010.05.11 01:46 午前

SH序盤の苦戦の原因は、打線というより投手繰りにありまして、Av.X中5日のホールトンが1日だけ腹痛で休んだ為に休養がリセットされ、更にロングリリーフ要員の高橋が二軍で要調整となった為、Bs、M6連戦でのローテーションが瓦解し、救援投手陣も払底を余儀なくされたのです。未だ首位まで2.5ゲーム差でありますので、捲土重来を期す所存です。まさかローの先発とか、摂津の敗戦処理とか、見るとは思いませんでした。♪こ~のく~やし~さはわ~すれはしない・・・pout
タカ派

投稿: タカ派 | 2010.05.11 09:56 午後

試合に勝てば、それはうれしいのですが、
用兵が冴え渡って勝利を積み重ねたのではなく、
試合は思惑通りには進んでくれずに、結局なりゆきで出た目が良かった。
つまりは勝利に占める運の割合が大きいので、喜んでばかりもいられないのです。

という訳で、もうちょっと様子を見ましょう。

投稿: まさゆき | 2010.05.11 10:36 午後

ミスターKさん、ご無沙汰です!

>今年の日ハムのていたらくは、去年の卓上野球のジュマンジか!?
>と考える今日この頃

ありがちな話です・・・(笑)

2世ご誕生との事、なにはともあれおめでとうございます。
これから賑やかで忙しくなりますね。

------------------------------------------------
タカ派監督、おつかれさまでした。

そうですか、投手の台所事情でしたか。

>♪こ~のく~やし~さはわ~すれはしない・・・

宇宙猿人ゴリ・・・ですか?
ローよ、反撃のときが来た!
あっ、ラーか。

次回定例での巻き返しを楽しみにしております。
----------------------------------------
まさゆき監督もおつかれさまでした。

>結局なりゆきで出た目が良かった。
>つまりは勝利に占める運の割合が大きいので、
>喜んでばかりもいられないのです。

まさゆきが、なりゆき・・・・。
なんと謙虚な。
今年は静かにスタートですね。
----------------------------------------

投稿: 事務局長 | 2010.05.11 11:14 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セイバーメトリクスと卓上野球 | トップページ | 魂の抜けた・・・・ »